大阪市港区|棟瓦の崩れと、笠木板金の飛散の現場


突然に訪れる雨漏り。何とかしたいと思っても、原因や対処法はわからず、不安ばかり募ります。

雨漏りは、放っておくとカビや屋根が腐る原因になります。修理代も高くなり、修理期間も長くなってしまうのです。

こんにちは雨漏りの事なら街の屋根屋さん大阪吹田店の道明です。

今回の現場は大阪市港区の瓦屋根の家です。突然の雨漏りに悩まされ、インターネットで弊社を見つけ電話をされたそうです。

それではその模様を写真と合わせて紹介いたします。


雨漏り状況を確認!!

DSC_0068-7-columns2-overlay
こちらが雨漏りの現場です。天井に雨染みが浮き出ています。横風が強い豪雨の時に雨染みが酷くなるとの事です。
DSC_0069-3-columns2-overlay
ヒアリングを開始し、調査を開始していきます!

屋根にハシゴを架け調査開始!!

DSC_0073-7-columns2-overlay
屋根にはしごを架け調査を開始していきます。
DSC_0077-1-columns2-overlay
正面側は立上りの壁(パラペット)があり、奥は瓦屋根の様です。

IMG_6184-3-columns2-overlay
こちらが、屋根の上です。『切妻屋根』と呼ばれる屋根の形で、山形のシンプルなデザインで、施工がしやすく、雨漏りがしにくいなどの長所があります。
DSC_0083-1-columns2-overlay
屋根の手前側には『パラペット』と呼ばれる立上り壁があり、上には笠木と呼ばれる板金が被せてあります。
DSC_0084-3-columns2-overlay
こちらは『パラペット』の反対側の様子です。笠木の板金がなくなっております。笠木が被せてある部分は、外壁の断面になるので雨水が入ると外壁の直接的な劣化や破損に繋がりやすいのです。

IMG_6195-1-columns2-overlay
また、切妻屋根の頂点に当たる棟部分の瓦が崩れてきています。この棟瓦が崩れると雨漏りがします。
パラペットの笠木の板金が風でなくなっており、また切妻屋根の棟瓦ズレているのが分かります。

笠木は下地の木に釘などで留めてあります。

この野地板は上からは紫外線などの太陽熱、下からは住宅の湿気がこもり、
蒸れて、やがて傷んで行きます。

そうなると、下地に留める釘が効かなくなるのです。

釘が効かなくなると、強風が吹くと板金が飛んでいってしまうのです。

また、棟瓦のずれは、棟瓦を固定している棟土が経年劣化により粘り気を失うことによって起こります。

こうなると、瓦が落下する恐れがあるので、早目に対応する事が大切です。

被害は大きくなる前にメンテナンスを行う事は重要です。

本日のブログは以上です。



この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。