池田市の雨漏りが続く家。まずは棟の積み替え工事から


崩れている棟瓦
既存の棟瓦の様子
崩れている平場の瓦
養生されているケラバ
こちらが前回紹介しました池田市の雨漏りの現場調査の模様です。

棟瓦、壁の取り合い、ケラバ部分が崩れており、あちこちから雨漏りがありました。

本日は棟の積み替え工事の模様をご紹介いたします。
棟瓦の撤去
まずは既存の棟瓦の解体を行います。棟に施工されている大回しの銅線を外し、冠瓦を取り外していきます。
棟瓦の撤去
冠瓦を外し終えたら、詰めてあった棟土は除去していきます冠瓦、のし瓦、葺き土は撤去後、廃材処理します。
葺き土撤去
防災金具の施工
防災金具の施工
棟土の除去が終わったら、棟芯に合わせて金具を施工していきます。水糸を張って棟芯を確実に出して600ピッチで取り付けます。
防災金具設置
次に防災金具周りにおいあて瓦を敷き詰めていきます。おいあて瓦とは半端瓦の事で、棟の隙間を出来るだけ埋めていきます。


おいあて瓦の施工
出来るだけ隙間が埋まるように瓦を切り、施工していきます。
垂木の設置
次に防災棟の瓦を留めるための棟芯木(受け木)を据付ます。

横からビスで木材と防災金具を留めていきます。

棟芯木(受け木)の取り付けはステンレス製のビスで留めていきます。
なんばんの施工
次に棟の下地に『なんばん』を詰めていきます

昔は葺き土を使用していましたが、真ん中に寸5の木材が見えますが、
今では土の代わりにこの漆喰なんばんを使用します。
なんばんの施工
昔は土を使用していましたが、今はこの『なんばん』を土代わりに使用します。
防災棟の完成
漆喰南蛮を敷き詰めたら、最後に『冠瓦』を積み、上からパッキン付きビスで留めていきます。
防災棟の完成
この『冠瓦』を下の垂木にビス止めする事で、躯体との一体構造のなっています。冠瓦1枚に対してパッキン付きステンレスビス1本で補強木材に固定していきます。
防災棟完成
防災棟完成
これで『防災棟』の施工完了です!

次回は、

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟積み替え工事

本日、鶴見区にあるとあるアパートの現場調査に行きました。問合せの内容は2階建てアパートの2階部分の雨漏り。雨漏り2階部分の屋根の広範囲に渡り及んでいるそうです。屋根は瓦屋根で至る部屋から雨漏りしているとのことですので、原因は屋根にありそうで...........

茨木市 棟の捲り

茨木市 4段熨斗積みの棟を強力棟で積み替えます。こんにちは!街の屋根やさん松本和也です。本日は、棟の積み替えをしたいというお住まいでの工事の様子をブログにてご紹介いたします!現状、4段熨斗積みの冠瓦で収められている旨で、とても立派な仕様にな...........

防災棟

港区で防災棟に積み替え工事をした現場の着工~竣工までをご紹介させて頂きます。防災棟とは別名強化棟とも呼ばれ言葉の通り、頑丈な棟ということです。一般的に瓦屋根では昔から、棟下地のベースとしては土を盛り、のし瓦を積み上げ最後に冠瓦を積み、銅線な...........