破風板、庇の塗装です。キレイなりました。箕面市


庇劣化
破風板劣化
庇劣化
庇ですが塗装が所々、剥がれてきています。
破風板ケレン
古い塗装をしっかり剥がしていきます。
庇塗装
施工前の庇です。写真右上に剥がれが見られます。
庇塗装

庇塗装
キレイに塗布されました。
破風板塗装
破風板もケレン後、塗装させていただきました。
破風板塗装
箕面市の現場が着工しました。
今回の工事内容は、築48年の建物で屋根の葺き替え工事です。

瓦は劣化して屋根の下地も古くなり雨漏りをしてしまいましたが築48年にしては建物は丈夫で、外観からも築年数を感じられないほどきれいでした。
とても建物を大事にされメンテナンスもマメにしているような印象でした。

しかし今回、雨漏りしてしまったので、これは早急に対応させていただかなくてはいけないということで屋根の葺き替え工事をさせていただくことになりました。

外壁の塗装はシリコン塗料で以前されたそうでまだまだとてもきれいな状態でした。
しかし、サッシまわりの格子や戸袋、破風板などには木部が使用されて、庇は金属で塗装され、塗膜が剥がれがありました。

施主様は最初、屋根工事はもちろんですが、外壁の塗装もと言われました。
最近ではフッ素系の塗装もあり塗料の耐久性がどんどん優れてきていますが、シリコン塗料も耐久性は塗料でもぜんぜん上位で優れています。

塗装がきれいなので今回は外壁塗装は見送られ格子や戸袋のようなサッシまわりの剥がれが気になる所の塗装をさせていただくことになりました。

破風板や鼻隠しなどの木部の塗装も屋根工事の際に必要となる足場を活用し塗装させていただきました。

塗装工程はまだ途中ですが、破風板や鼻隠し板、庇などは塗装は予定ではなかったのできっと施主様は喜んでいただけると思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?

バケツやシートで応急処置された雨漏りのひどい居室

本日は港区の深刻な雨漏りが発生している現場に伺いました。深刻な、というのはどの程度のものなのでしょうか。2階居室窓際にタオルを敷いてバケツを3個並べており、床にも水を通さないビニールシートのようなものを敷き詰め、その上にさらにバケツを1個置...........

ローラーで外壁塗装

平野区加美東でスレート屋根・外壁補修工事がありました。こちらの現場は屋根・外壁塗装の他、漆喰の詰め直し工事や鉄部・板金塗装などもあり、大規模な補修工事となりました。本日はモルタルの外壁を塗装する様子をご覧いただきます。