破風板、庇の塗装です。キレイなりました。箕面市


庇劣化
破風板劣化
庇劣化
庇ですが塗装が所々、剥がれてきています。
破風板ケレン
古い塗装をしっかり剥がしていきます。
庇塗装
施工前の庇です。写真右上に剥がれが見られます。
庇塗装

庇塗装
キレイに塗布されました。
破風板塗装
破風板もケレン後、塗装させていただきました。
破風板塗装
箕面市の現場が着工しました。
今回の工事内容は、築48年の建物で屋根の葺き替え工事です。

瓦は劣化して屋根の下地も古くなり雨漏りをしてしまいましたが築48年にしては建物は丈夫で、外観からも築年数を感じられないほどきれいでした。
とても建物を大事にされメンテナンスもマメにしているような印象でした。

しかし今回、雨漏りしてしまったので、これは早急に対応させていただかなくてはいけないということで屋根の葺き替え工事をさせていただくことになりました。

外壁の塗装はシリコン塗料で以前されたそうでまだまだとてもきれいな状態でした。
しかし、サッシまわりの格子や戸袋、破風板などには木部が使用されて、庇は金属で塗装され、塗膜が剥がれがありました。

施主様は最初、屋根工事はもちろんですが、外壁の塗装もと言われました。
最近ではフッ素系の塗装もあり塗料の耐久性がどんどん優れてきていますが、シリコン塗料も耐久性は塗料でもぜんぜん上位で優れています。

塗装がきれいなので今回は外壁塗装は見送られ格子や戸袋のようなサッシまわりの剥がれが気になる所の塗装をさせていただくことになりました。

破風板や鼻隠しなどの木部の塗装も屋根工事の際に必要となる足場を活用し塗装させていただきました。

塗装工程はまだ途中ですが、破風板や鼻隠し板、庇などは塗装は予定ではなかったのできっと施主様は喜んでいただけると思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。