オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

屋根葺き替え工事。瓦の捲り作業。


columns
IMG_71033
屋根の葺き替え工事で必ず必要となる作業があります。
それは「瓦の捲り」作業です。
和瓦ではたくさんの種類がありますが、昔の家で使用されている
のがJ形瓦をよく見ます。
この写真で見えている瓦すべてを撤去します。

IMG_7110
この撤去作業は職人1人ではできません。
この瓦の捲り作業は体力が入り、捲り作業は職人の人数を
増員します。
まずはひたすら捲り積み上げていくというだけの作業ですが、手際良く熟し、忍耐力が必要になります。

columns
IMG_7119
瓦の重さはJ形で約2.7㎏あります。
1坪で使用される瓦は約53枚程。
重さでいうと約143㎏もあります。
種類や形によって異なりますが、屋根一面となると相当な重圧が
建物にかかってくるのが分ります。
IMG_71251
捲る、積み上げる、捲る、積み上げるを繰り返すとこのように瓦が山積みになってきます。
足の踏み場もだんだん悪くなっていきます。
もうここまで捲れば真夏では汗が滝のように流れてきます。
columns
IMG_7139
軒先瓦とケラバ瓦を残し瓦を中央に整頓していきます。
軒先やケラバの瓦は葺き土の土が落ちないように最後に撤去していきます。また軒先やケラバの瓦は釘で止めてあります。
捲りには注意します。
IMG_7148
瓦の捲りが終われば、瓦を下ろす作業です。
瓦は職人達によってリレーで手渡ししていきます。
この作業は瓦を2枚程度持ちリレーしていくという単純な作業ですが、1坪でも50枚ほどある瓦を2枚手渡ししていくと考えただけでも気が遠くなる作業になってきます。
columns
IMG_7141
瓦を撤去後、なんと瓦の下には葺き土と言われる瓦を留める、瓦の高さを調整させる土が大量に敷き詰められています。
この葺き土もすべて撤去します。
土嚢袋にひたすら土を詰めて、撤去します。
IMG_71612
葺き土をある程度撤去できました。
70㎡程の屋根ですが、1日に費やす職人は今回6人でした。
この屋根は比較的作業しやすい屋根な方です。
左右切妻で勾配もそこまでなくないので、作業は効率よく進みました。

columns
IMG_7154
瓦や葺き土を撤去し屋根が裸になってきました。
防水紙などの下地が出てきました。
木部が傷んでいる場所や、雨が浸入している場所など瓦や葺き土を撤去するといろいろな屋根の状態が見えてきます。

IMG_7158
ここから細かい土をほうきで掃き取っていきます。
朝一から始めて、ここまでの作業で約4時間かかりました。
ここで今日の作業が終わることはもちろんありません。
ここから雨がもし降っても大丈夫な所までの下地を造っていきます。
瓦の捲り作業は葺き替え工事では工程として職人の人数を一番、要します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

お客様にご挨拶

※2021年4月14日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。池田市で繰り返す雨漏りにお悩みですか?今回の現場ブログでは、弊社が池田市でおこなった「無料雨漏り調査」を大公開します。プロが徹底的に原因調査し、最適な雨漏り修理方法を...........

補修後の屋根瓦

※2021年3月28日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦一枚だけで業者に来てもらうのは気が引ける…」「ちょっとした瓦のトラブルでも来てもらえるの?」豊中市でこのような瓦屋根に関するお悩みをおもちですか?今回の現場ブログ...........

修理後の復旧した雨樋

※2021年3月22日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨樋修理をお考えですか?弊社が吹田市でおこなった雨樋の修理事例をご紹介します!目立たない存在ですが、「外壁を雨水から守り劣化を防ぐ」「建物の基礎を雨水から守る...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41