オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

谷樋の谷板金工事の施工事例。


beforeafter
before1
IMG_3209
既存谷樋です。ここから新しく谷樋に板金を入れていきます。
horizontal
after1
IMG_76881
完成です。
谷樋に剥がれ落ちた漆喰もなくなり、谷まわりもスッキリしました。
beforeafter
before1
IMG_3202
屋根全体の谷樋のビフォー。
horizontal
after1
IMG_7709
アフター。面戸漆喰も詰められキレイに仕上がりました。
columns
IMG_7478
谷樋の沿ってある瓦の下には漆喰や南蛮が昔の建物ではよく詰められています。
しかし、谷に詰める土や漆喰が多すぎてはいけません。
瓦を留める為の土や漆喰ですが、谷付近まで詰めてしまうと
瓦の内側に水が浸入しやすくなります。

IMG_7485
谷板金工事ではまず瓦の捲り作業から始めます。
谷樋に沿った瓦を捲ります。
最後に復旧しますが、復旧した時に瓦の場所がわかるように
捲っていきます。
columns
IMG_75061
瓦を捲ると大量の土や漆喰が出てきます。
漆喰や南蛮が瓦と谷に詰められています。
すべて撤去します。
ここの現場では、瓦を留める為の土がギッシリ入っていました。
谷付近まで詰め過ぎると雨水が漆喰の内側にまわり込み雨漏りの原因になります。
IMG_7510
新しい谷板金を谷樋に入れました。
軒先から棟へと重ね施工していきます。

columns
IMG_75381
谷樋専用のシーラーを使います。

IMG_7553
シーラーは谷板金の両側に貼り付けていきます。
これは谷を雨水が流れる上で、内側にまわらない為に防止します。
最近では漆喰や南蛮より使用されるケースが多くなっています。
columns
IMG_75291
谷樋まわりの葺き土を撤去した為、谷まわりの瓦の高さを調節していく為に、ドロコンを使用します。
IMG_7581
シーラーより内側にドロコンを入れ瓦を調整していきます。
軒先から棟へかけ瓦を復旧させます。
columns
IMG_75562
以前はここの瓦の下には漆喰が入っていました。
漆喰は経年によって剥がれてしまいますが、シーラーは耐久年数も
優れています。
IMG_76231
谷樋の瓦の復旧が片面終わりました。
瓦の高さを調節する上で以前は漆喰や土が詰められていましたが、
必要以上に詰められていた為雨漏りに繋がりました。
施工後は漆喰はシーラーに替え、葺き土の量を減らしました。
瓦はドロコンやシーラ、番線を使い、瓦を固定していきます。
columns
IMG_76221
谷板金工事完了です。
両サイドの瓦の下は以前よりスッキリしました。
漆喰も使用していません。
この谷樋の軒付近で雨漏りしていましたが、完全に止まりました。
IMG_77091
谷樋からの雨漏りも多いですが、谷板金に穴あきや亀裂、瓦との隙間など材料の劣化なども考えられますが、施工の被害も多く、間違った造りが雨漏りに繋がる場合もあります。
今回は谷樋の土や漆喰の詰め方に大きな問題がありました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

豊中市 葺き替えリフォーム後の金属屋根

※2020年9月18日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で屋根リフォーム、屋根修理の業者をお探しでしたら、北摂地域密着型の「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。豊中市で屋根リフォーム・年間施工件数ベスト3位は、「...........

雨漏りしている天井と壁

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府摂津市のマンションオーナー様から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りに気付いたきっかけは居住者の方からのお問い合わせということです。お話をお伺いすると、過去...........

IMG_3552-1

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市でおこなった屋根葺き直し工事の模様をご紹介させていただきます。屋根葺き直し工事は既存の屋根材を再利用するとてもエコな屋根リフォーム工事です。

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41