オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

富田林市。雨漏りによる漆喰詰め直し、谷板金工事。


beforeafter
before1
IMG_32091

horizontal
after1
IMG_76221

beforeafter
before1
IMG_32021

horizontal
after1
IMG_77092

beforeafter
before1
IMG_32341

horizontal
after1
IMG_7861

beforeafter
before1
IMG_32621

horizontal
after1
IMG_78431

texts
富田林市で漆喰の詰め直し、谷板金工事が竣工しました。

工事をするキッカケは雨漏りです。

谷樋まわりには漆喰が詰められていましたが剥がれ落ち、苔が生えている状態でした。

谷板金まわりの瓦から雨水が浸入し、谷に流れず内側にまわり込んでしまったのが原因でした。

谷まわりの瓦の下の漆喰や葺き土は詰め過ぎると瓦の下にまわってしまった雨水が葺き土方向へ流れて

建物内部に浸入してしまいます。

最近では谷樋には漆喰やなんばんのほかに谷樋専用のシーラーを使用することが多くなってきました。

谷板金工事で新しくなった谷樋によって雨漏りは止まりました。

面戸の漆喰も詰め替え、キレイに仕上がりました。

陶器瓦はまだまだツヤもあり丈夫で割れている箇所もなく、漆喰を詰め直すだけで

見た目も美しくなり屋根に高級感が出ました。

面戸漆喰は漆喰を増詰めしており、漆喰工事としてはあまりいいことではありません。

棟から浸入した雨漏りがのし瓦から流れ出ることはなく、漆喰を増し詰めすることによって

面戸漆喰の内側に雨水が入り込んでしまいます。

棟には冠瓦やのし瓦を支える葺き土が中に詰められていますが、

葺き土に水がまわり建物内部に浸入してしまいます。

水がまわると葺き土が柔らかくサラサラになり、流れでてしまいます。

そうなるとのし瓦が垂れ、棟が歪み、隙間ができます。

雨漏りの原因には屋根がもちろん多いですが、理由は様々ですが、

棟から雨水が浸入するケースが多く見られます。

漆喰は棟を保護する大切な役割があります。

しかし、瓦屋根ではほぼ使用される漆喰ですが、陶器瓦ほどの耐久性はなく

必ず定期的に漆喰の詰め直し工事が必要になっていきます。

今回は谷樋からの雨漏りが原因でしたが、漆喰の劣化も進んでおり、

雨漏りに繋がっていないものの雨水が浸入している可能性があった為、漆喰の詰め直し工事

をいっしょに施工しました。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事

※2021年1月25日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市北区で屋根の修繕をお考えですか?今回の現場ブログでは、弊社が大阪市北区でおまかせいただいた屋根の修繕事例を大公開します! 関連ページ 「ちょっとした屋根の補修も...........

葺き替え後の屋根

※2021年1月19日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市北区で屋根葺き替え工事をお考えですか?今回の現場ブログでは、弊社が大阪市北区でおこなった屋根葺き替え工事のリフォーム事例を2件ご紹介いたします! 関連ページ 「...........

大棟の様子

※2021年1月15日 記事更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨漏りにお困りですか?雨漏り修理のお見積りなら弊社におまかせください。プロが無料でトラブル原因を徹底調査し、最適な施工内容をご提案いたします。 関連ページ 「...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41