オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

尼崎市 漆喰詰め直し工事でなんばんを使用します【瓦修理】


※2020年7月31日更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

先日、兵庫県尼崎市で瓦屋根の修理工事として「漆喰(しっくい)詰め直し工事」をおこないました。

「漆喰」といってもいくつか種類があります。

2020年現在、瓦屋根の漆喰詰め直し工事では、「漆喰」の代わりに「なんばん漆喰」を詰めることが増えています。

今回は、兵庫県尼崎市の屋根工事で使用した「なんばん漆喰(なんばん)」についてご紹介します。

 関連ページ 



兵庫県尼崎市で使用した「なんばん漆喰」

①なんばん漆喰とは

IMG_54472
尼崎市の現場で、「面戸(めんど)漆喰」に使用されたなんばん漆喰をご紹介します。

もともとのなんばん漆喰とは、油が混入され耐久性を増した漆喰のことです。

なんばんは粘土系の屋根資材として屋根の粘土を使うために粘土に石灰や樹脂を混ぜています。

硬化剤や撥水材が混入されており、「漆喰仕上げが不要」です。

本物の漆喰は確かに耐候性に優れています。

しかし、詰め始めるまでに何工程も経なければならないというデメリットがある上、やはり高価です。

その点、なんばん漆喰は何工程もいらず、袋から出してすぐに詰め始められます。



②漆喰となんばん漆喰のちがい

なんばん漆喰は「塗り」と「仕上げ」が同時にできる大変優れた建材です。

本物の漆喰は何工程もの作業が必要になります。

それに比べ、なんばん漆喰は1工程で仕上げ作業が可能です。

最近では瓦屋根の漆喰の詰め直し工事というと、なんばん漆喰が使用されます。

本物の漆喰で補修された方が耐候性はよくなりますが、価格が当然高くなります。

また施工に手間もかかるので工期が長くなります。

一般的な和瓦の住宅ではなんばん漆喰で十分です。


③なんばん漆喰のメンテナンス

環境や施工した腕にも変わってきますが、基本的には15年程度に1度と言われます。

しかし、ひび割れや剥がれを発見した場合はメンテナンスをすることをオススメしています。

 関連ページ 


兵庫県尼崎市で漆喰工事・瓦屋根の修理なら「街の屋根やさん大阪吹田店」

IMG_3072
「瓦屋根からコンクリートの破片のようなものが落ちてくる」

「漆喰を施工してから20年近く経つ」

このような場合は瓦屋根に施工された「漆喰」が劣化している可能性があります。

そんなときは、わたしども街の屋根やさん大阪吹田店の「無料屋根点検」をご利用ください。

「相談」「現地調査」「ご提案」「お見積り」すべて無料でおこなっております。

わからないことやご不安ごとがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

 関連ページ 


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り

※2020年9月23日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市都島区にお住いの方から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りの状況は、2階建・2階の天井から水が浸みだしているということです。今回、お問い合わせを頂いたのは住...........

屋根葺き替え後の金属屋根

※2020年9月23日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で屋根リフォーム、屋根修理の業者をお探しでしたら、北摂地域密着型の「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。今回は、弊社が豊中市でおこなった屋根リフォームをご紹...........

雨漏りしている天井と壁

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府摂津市のマンションオーナー様から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りに気付いたきっかけは居住者の方からのお問い合わせということです。お話をお伺いすると、過去...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41