オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

吹田市。塩ビシート防水工事の立上りまわり施工。


columns
IMG_8786
塩ビシート防水の立上りまわりを溶着します。
工場の屋上バルコニーの床面は下地を終えて、IHで融着する前までの作業を終えました。
床面がある程度終わると、立上り付近やドレンまわりの納めの作業になります。
立上りので出隅や入隅には塩ビ鋼板をアンカーで打ち付け
その上に塩ビシートを張っていきます。
IMG_85251
塩ビシートの固定の方法として溶着剤やこの熱風機を使います。
800℃にもなり熱風を塩ビシートと塩ビ鋼板を接着します。
columns
IMG_8789
作業は塩ビシート防水の職人の手によって溶着剤を塗り、熱風機あてながら、へらで押さえつけ溶着していきます。
さすが塩ビシート防水職人です。
失敗はもちろんありません。
1度でしっかり成功させていきます。

IMG_8788
塩ビシート防水は最近では陸屋根や屋上バルコニーなどに多く採用されるようになりましたが、まだまだ塩ビシート防水工事をできる職人の数は多くはなく、ウレタンなどの塗膜防水を採用している場所もあります。

columns
IMG_8790
塩ビシート防水は耐久性や防水性にも優れ、屋上や陸屋根などには塗膜防水より優れていると言えます。
しかしながら、業者によって塩ビシート防水ができずに塗膜防水をお提案する業者もあるようです。
防水工事をするなら、防水箇所によって適した方法は異なるのもの、屋上などの防水工事はより耐久性や防水性に優れた防水方法を取ることをオススメします。
IMG_8794
塩ビシート防水は陸屋根などの非歩行や屋上バルコニーなどの軽歩行、頻繁に人々が使用する重歩行によりシートの厚みも変わってきます。
防水工事をするキッカケの大半が雨漏りです。
雨漏りは防水の劣化によるものが多いですがこの入隅や出隅の亀裂や破れから雨水が浸入してしまうことが可能性として高くなります。
columns
IMG_8840
入隅や出隅のシートが溶着できれば、平面に張られている塩ビシートと立上りの塩ビシートを溶着していきます。
この方法も溶着剤を塗り、熱風機をあてながら押さえつけていきます。

IMG_8941
隙間なく完全に塩ビシートが接着できました。
さらにシートのジョイント部分にはシールを打ちジョイント部分にも隙間を無くします。
何重にも雨水させない施工が考えられており、この施工法では雨水の浸入が考えられません。
防水工事では様々な防水方法がありますが、耐久性も抜群で防水方法ではかなりグレートが高い工法と言えます。
実際に雨漏りしていた建物ではありましたが完全に雨水の浸入を断ち切ることができました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

豊中市 葺き替えリフォーム後の金属屋根

※2020年9月18日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で屋根リフォーム、屋根修理の業者をお探しでしたら、北摂地域密着型の「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。豊中市で屋根リフォーム・年間施工件数ベスト3位は、「...........

雨漏りしている天井と壁

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府摂津市のマンションオーナー様から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りに気付いたきっかけは居住者の方からのお問い合わせということです。お話をお伺いすると、過去...........

IMG_3552-1

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市でおこなった屋根葺き直し工事の模様をご紹介させていただきます。屋根葺き直し工事は既存の屋根材を再利用するとてもエコな屋根リフォーム工事です。

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41