吹田市垂水町|雨漏り調査。築40年の土葺き工法の屋根の状態は?


吹田市N様邸の屋根調査です。築40年程らしいです。
雨漏りがして、雨降った後の日の家の中が少しカビ臭くなるとのことで、調査させていただきました。
下葺き材の劣化
■屋根に上がって実際に調査

調査の為、実際に屋根に上がってみました。

雨漏り箇所の瓦を、割れないように丁寧に1枚ずつはずしていきます。
下葺き材の腐食

中の瓦をとめていた土が見えてきました。


瓦はやや欠けているものもあれば、亀裂が入っているものもありました。

雨漏りは、今は収納で使っている二階の洋室で発見されました。

洋室の上くらいにある屋根の瓦部分をめくり、下葺き材の確認をさせていただきました。
やはり昔は瓦を土でとめ、下葺き材として杉皮がつかわれており、野地板は今では合板ですが杉板がつかわれていました。

土がスカスカになって野地板が見えてます。どの瓦を捲っても野地板が見えてしまってます。

瓦の割れや破損、土葺き工法による屋根全体の老朽化が雨漏りの原因になってます。

躯体の耐久性などを考えると、軽い屋根、スレートやガルバリウム合板に葺き替え工事するのが良いかと思い提案させていただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_1057-1

大阪市淀川区で現場調査に伺いました。現場調査の内容は昨年の9月4日の台風21号によりカラーベスト(スレート)が部分的に捲れてしまったという内容でした。建物は3階建てということで、一般的なハシゴでは屋根まで届かず今回は3階バルコニーから脚立を...........

屋根カバー

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........

瓦屋根からスレート屋根へ葺き替え

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........