吹田市垂水町|雨漏り調査。築40年の土葺き工法の屋根の状態は?


吹田市N様邸の屋根調査です。築40年程らしいです。
雨漏りがして、雨降った後の日の家の中が少しカビ臭くなるとのことで、調査させていただきました。
下葺き材の劣化
■屋根に上がって実際に調査

調査の為、実際に屋根に上がってみました。

雨漏り箇所の瓦を、割れないように丁寧に1枚ずつはずしていきます。
下葺き材の腐食

中の瓦をとめていた土が見えてきました。


瓦はやや欠けているものもあれば、亀裂が入っているものもありました。

雨漏りは、今は収納で使っている二階の洋室で発見されました。

洋室の上くらいにある屋根の瓦部分をめくり、下葺き材の確認をさせていただきました。
やはり昔は瓦を土でとめ、下葺き材として杉皮がつかわれており、野地板は今では合板ですが杉板がつかわれていました。

土がスカスカになって野地板が見えてます。どの瓦を捲っても野地板が見えてしまってます。

瓦の割れや破損、土葺き工法による屋根全体の老朽化が雨漏りの原因になってます。

躯体の耐久性などを考えると、軽い屋根、スレートやガルバリウム合板に葺き替え工事するのが良いかと思い提案させていただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?