陸屋根の屋上が原因で雨漏りの可能性が高いです。大阪市西淀川区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

バルコニー排水溝
ちょうど、この陸屋根のドレンの下でホールの天井から雨漏りしています。
集水器
ドレンから集水器へと雨水は流れますが、竪樋留めるためのつかみ金具の釘が飛んで無くなっていました。
バルコニー
屋上陸屋根ですがコンクリートにひび割れがありました。左奥、右奥にドレンがあり、左奥下が雨漏りしています。
バルコニー
隣のマンションの屋上です。現在雨漏りはしていませんが、念の為調査させていただきましたが、特に心配はなさそうです。
フェンス奥向こうが雨漏りしている建物で手前が雨漏りしていない建物です。
大阪市西淀川区の4階建ての建物で、雨漏りしていると問合せがあり調査させて頂きました。

2つ並んだ4階建ての建物で、2棟とも陸屋根でした。
1棟に雨漏りしており、築20年程です。

ドレンの下が4階のホール部分にあたりますが、その天井から雨漏りしてしまい壁紙が剥がれて、合板がカビなどによって黒く腐食していました。

1番に考えられるのは屋上であるためすぐに上がらせていただき確認しましたが、このドレン周りから雨が浸入できる何らかの原因がありそうです。
陸屋根は屋根のいろいろな形の中でも雨漏りする可能性が高い形であると言えます。


ビルやマンションなどの屋上の床がコンクリートになっている場合は、アスファルト押え防水工法が多く使用されています。

アスファルト押え防水は標準対応年数が15年~20年と言われ、長いものでは60年以上経過した防水層でも現役として役立っている実績があり、各種防水の中で最も優れた信頼性の高い工法と言われています。


アスファルト露出防水工法という工法もあり、ごく簡単に言えばアスファルト押え工法のようにコンクリートなどの押え層を設けずに、主に、砂付きルーフィングと呼ばれるシート状の防水層を露出させた工法です。

屋上に人の出入りがない非歩行、軽歩行の屋上に採用されるケースが多い工法です。


などなどの工法がマンションなどが防水工事で多いですが、いずれにしても雨漏りしている原因は今回は屋上の防水性能の低下などが考えられます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ブルーシートで覆われた建物

この度は茨木市の瓦屋根に台風21号による被害があり雨漏りの心配があるとのことで調査ご依頼をいただきました。大棟の倒壊と、2階屋根と壁の取り合い部分の熨斗瓦等の崩れが見られたので目視によるチェックと画像の保存、ブルーシート等による応急処置をさ...........

建物外観

■スレート屋根の建物の調査です高槻市の3階建てスレート屋根建物のお客様より棟板金の調査ご依頼をいただきました。1階のお庭にはバラが植えられており玄関先で我々をむかえてくれました。モルタルの外壁外観は、ざっと目視で見させていただいた限りですが...........

建物外観

この度は東淀川区にある洋風建物全体の現地調査の様子をご紹介します。こちらの現場のベランダの屋根が金属製のものだったのですが、そちらの屋根材が劣化により相当なサビや塗料の剥げ、めくれが発生していました。屋根材がすっかりめくれあがっているため下...........