陸屋根の屋上が原因で雨漏りの可能性が高いです。大阪市西淀川区


バルコニー排水溝
ちょうど、この陸屋根のドレンの下でホールの天井から雨漏りしています。
集水器
ドレンから集水器へと雨水は流れますが、竪樋留めるためのつかみ金具の釘が飛んで無くなっていました。
バルコニー
屋上陸屋根ですがコンクリートにひび割れがありました。左奥、右奥にドレンがあり、左奥下が雨漏りしています。
バルコニー
隣のマンションの屋上です。現在雨漏りはしていませんが、念の為調査させていただきましたが、特に心配はなさそうです。
フェンス奥向こうが雨漏りしている建物で手前が雨漏りしていない建物です。
大阪市西淀川区の4階建ての建物で、雨漏りしていると問合せがあり調査させて頂きました。

2つ並んだ4階建ての建物で、2棟とも陸屋根でした。
1棟に雨漏りしており、築20年程です。

ドレンの下が4階のホール部分にあたりますが、その天井から雨漏りしてしまい壁紙が剥がれて、合板がカビなどによって黒く腐食していました。

1番に考えられるのは屋上であるためすぐに上がらせていただき確認しましたが、このドレン周りから雨が浸入できる何らかの原因がありそうです。
陸屋根は屋根のいろいろな形の中でも雨漏りする可能性が高い形であると言えます。


ビルやマンションなどの屋上の床がコンクリートになっている場合は、アスファルト押え防水工法が多く使用されています。

アスファルト押え防水は標準対応年数が15年~20年と言われ、長いものでは60年以上経過した防水層でも現役として役立っている実績があり、各種防水の中で最も優れた信頼性の高い工法と言われています。


アスファルト露出防水工法という工法もあり、ごく簡単に言えばアスファルト押え工法のようにコンクリートなどの押え層を設けずに、主に、砂付きルーフィングと呼ばれるシート状の防水層を露出させた工法です。

屋上に人の出入りがない非歩行、軽歩行の屋上に採用されるケースが多い工法です。


などなどの工法がマンションなどが防水工事で多いですが、いずれにしても雨漏りしている原因は今回は屋上の防水性能の低下などが考えられます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。