陸屋根シート防水工事で脱気筒設置しました。三島郡島本町


USER2300-columns2-overlay
ステンレス脱気筒の設置箇所
USER2301-columns2-overlay
シートに排気用の穴をあけます。
USER2260-columns2-overlay
USER22591-columns2-overlay
USER2302-columns3-overlay
防水層の増し貼りを行い脱気筒をビスで固定します。
USER2303-columns3-overlay
脱気筒を設置します。
脱気筒設置
脱気筒設置完了
三島郡島本町の陸屋根防水工事の現場です。
塩ビシート防水機械的固定工法で施工しました。

写真は脱気筒の取り付けです。


|脱気筒とは


防水層の内側に発生する湿気(水蒸気)の排出

外壁にかかる雨や室内で発生する湿気が下地(コンクリートなど)に浸入し、防水層との間で水蒸気が発生します。液体から気体に代わる時、体積が膨張します。
排気口がない場合、防水層が膨らむ原因になります。膨らみ防止に排気システムが必要となります。


■防水層の膨らみを防ぐ理由

膨らむときは表面が伸びます。
伸びる事によって防水移送の厚みが薄くなり耐久性が低下します。
水蒸気は冷えると水になり体積は減りますが、防水層は縮まずのびたままで垂れます。
伸びる、垂れるの繰り返しで劣化し浸水の原因になります。
以上のことより防水層が膨らまない様に排気させることが必要となります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。