陸屋根シート防水工事で脱気筒設置しました。三島郡島本町

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

USER2300-columns2-overlay
ステンレス脱気筒の設置箇所
USER2301-columns2-overlay
シートに排気用の穴をあけます。
USER2260-columns2-overlay
USER22591-columns2-overlay
USER2302-columns3-overlay
防水層の増し貼りを行い脱気筒をビスで固定します。
USER2303-columns3-overlay
脱気筒を設置します。
脱気筒設置
脱気筒設置完了
三島郡島本町の陸屋根防水工事の現場です。
塩ビシート防水機械的固定工法で施工しました。

写真は脱気筒の取り付けです。


|脱気筒とは


防水層の内側に発生する湿気(水蒸気)の排出

外壁にかかる雨や室内で発生する湿気が下地(コンクリートなど)に浸入し、防水層との間で水蒸気が発生します。液体から気体に代わる時、体積が膨張します。
排気口がない場合、防水層が膨らむ原因になります。膨らみ防止に排気システムが必要となります。


■防水層の膨らみを防ぐ理由

膨らむときは表面が伸びます。
伸びる事によって防水移送の厚みが薄くなり耐久性が低下します。
水蒸気は冷えると水になり体積は減りますが、防水層は縮まずのびたままで垂れます。
伸びる、垂れるの繰り返しで劣化し浸水の原因になります。
以上のことより防水層が膨らまない様に排気させることが必要となります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ブルーシートで覆われた建物

この度は茨木市の瓦屋根に台風21号による被害があり雨漏りの心配があるとのことで調査ご依頼をいただきました。大棟の倒壊と、2階屋根と壁の取り合い部分の熨斗瓦等の崩れが見られたので目視によるチェックと画像の保存、ブルーシート等による応急処置をさ...........

建物外観

■スレート屋根の建物の調査です高槻市の3階建てスレート屋根建物のお客様より棟板金の調査ご依頼をいただきました。1階のお庭にはバラが植えられており玄関先で我々をむかえてくれました。モルタルの外壁外観は、ざっと目視で見させていただいた限りですが...........

建物外観

この度は東淀川区にある洋風建物全体の現地調査の様子をご紹介します。こちらの現場のベランダの屋根が金属製のものだったのですが、そちらの屋根材が劣化により相当なサビや塗料の剥げ、めくれが発生していました。屋根材がすっかりめくれあがっているため下...........