ベランダ防水調査!雨漏りに発展する可能性は?城東区


ベランダ軒天
ベランダの軒天に設置されている集水桝のまわりが腐食しています。
ベランダ軒天
1階の居室にまで腐食が原因で雨漏りに発展しなければいいのですが心配です。
ベランダの排水口
ベランダの排水口
排水溝まわりの防水紙が劣化しています。

ベランダの排水溝にはドレンが設置されていませんので雨水と一緒にゴミや落ち葉も流れてしまい樋のつまりの原因となります。
ベランダ
ベランダのシート防水じたいが劣化により下地を踏んだ感触もふかふかしています。
手すりサッシ
立ち上がりの天場にひび割れが確認できました。
軒天、ベランダの流れで調査しましたが原因は排水溝まわりや全体的な防水紙(ゴムシート防水)の劣化だと思います。

工事としては既存の防水紙をめくり下地のベニヤを張り替えてから、再度防水工事を行い排水溝まわりにドレンを設置することをお勧めいたします。

このままにしておくと下地のベニヤが腐りベランダとして使えなくなりますし、1階居室に雨水が浸入する危険性もあります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。