雨染みの原因の屋根の状態は?箕面市


瓦屋根
屋根の瓦が茶色く見える部分はビスケットのように割れやすくなっています。
点検も足をのせる瓦を選びながら慎重にさせていただきました。
瓦屋根
大棟付近の瓦もずれています。


瓦屋根棟部分
棟瓦のコーキングも剥がれてしまっていますので雨水が浸入します。
意外にも水を直接吸い込みますので小さな穴も要注意です。
瓦屋根棟部分
ひび割れ部分を変成シリコンシーラントで簡易補修しました。
瓦屋根補修
踏んではならない瓦を踏み割ってしまいました。申し訳ございません。
勿論補修はしました。
瓦屋根
下屋部分も大屋根と同じく劣化が進んでいます。
瓦の耐久年数は50年位といわれていますのでよくここまで頑張ってくれたと思います。

残念ながら割れるとわかっていても割ってしまった事は大反省します。
本当に申し訳ありません。

工事としては屋根の葺き替えを提案させていただきましたが、築年数のこともありますのでオーナー様と細かな打ち合わせをしながら工事内容の決定をさせていただきたいと考えています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。