雨染みの原因の屋根の状態は?箕面市


瓦屋根
屋根の瓦が茶色く見える部分はビスケットのように割れやすくなっています。
点検も足をのせる瓦を選びながら慎重にさせていただきました。
瓦屋根
大棟付近の瓦もずれています。


瓦屋根棟部分
棟瓦のコーキングも剥がれてしまっていますので雨水が浸入します。
意外にも水を直接吸い込みますので小さな穴も要注意です。
瓦屋根棟部分
ひび割れ部分を変成シリコンシーラントで簡易補修しました。
瓦屋根補修
踏んではならない瓦を踏み割ってしまいました。申し訳ございません。
勿論補修はしました。
瓦屋根
下屋部分も大屋根と同じく劣化が進んでいます。
瓦の耐久年数は50年位といわれていますのでよくここまで頑張ってくれたと思います。

残念ながら割れるとわかっていても割ってしまった事は大反省します。
本当に申し訳ありません。

工事としては屋根の葺き替えを提案させていただきましたが、築年数のこともありますのでオーナー様と細かな打ち合わせをしながら工事内容の決定をさせていただきたいと考えています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。