三島郡|外壁雨漏り調査!鉄筋コンクリート2階建て住宅

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

前回は防水まわりの調査をさせていただきましたので、今回は外壁調査の模様を紹介いたします。

雨漏りで出来上がった鍾乳洞のような氷柱にビックリしました。
鉄筋コンクリート建物
鉄筋コンクリート住宅の外観です。軒天に注目してみました。
軒天
経年劣化で塗装はほとんど剥がれ落ちています。
軒天
軒天のコンクリートが剥がれ落ち鉄筋が見えています。

コンクリート構造物は一般的には50年から60年と言われていますが、ひび割れや防水機能の低下により、耐久年数より劣化が進んでいるケースもあります。
軒天
コンクリートの劣化原因はさまざまですが、塩害、凍結、乾燥収縮や根本的な施工不良などがあります。
軒天雨漏り
コンクリートが劣化していますので補備割れ部分から雨漏りの水が鍾乳洞のような氷柱のように垂れ下がっていました。

氷柱の先には2日前に振った雨が48時間かけどこかの雨漏り箇所から流れ着いていることを確認できました。
軒天雨漏り
軒天の鉄金が錆びてむき出しになっています。
雨漏りの氷柱も合計30本くらい確認できました。

鉄筋コンクリートの中を雨水がつたってきているのは間違いありませんが特定するのは困難です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

3階建て建物外観

こんにちは。街の屋根やさん大阪吹田店です!台風被災後の補修工事、現地調査のご依頼を多くいただいております。今回は摂津市のスレート屋根の現場からご依頼があり現地調査と応急処置をさせていただいた様子をご覧いただきます。3階建ての建物で、形状は切...........

台風で被災した瓦屋根

この度は大阪市生野区の青色の瓦屋根の現場調査に伺いました。こちらの現場も先日の台風の強風に瓦があおられ屋根等に甚大な被害を受けていました。大棟、下り棟の丸瓦は外れてしまっているところもあり、中の土もむき出しの状態です。強風のせいなのか棟の熨...........

ブルーシート養生した建物外観

屋根を全体的にブルーシートで覆った現場です。現地調査により屋根全体が大きく被災していることが分かりました。部分部分を小さく養生するより、建物自体そして家屋内部への被害や負担を考えて広くブルーシートで覆い応急処置という形をとらせていただきまし...........