二階の天井に雨染みが!雨漏りが原因なのか?枚方市


枚方市にお住まいのW様邸のオーナー様から二階の居室に雨染みがあるとのお問い合わせをいただきました。

昨年12月くらいから雨染みが気になりだしたとのことでしたがはたして。。。


雨漏りが原因での雨染みなのかを早速調査させていただきました!
まず居室の雨染み箇所に案内していただきました。
雨染み?
確かに雨染みらしき跡がありますが
雨漏りによる染みなのかは断定できません。
雨染み?
こちらもうっすらと確認できました。
次に屋根に登って調査することにしました。
梯子
梯子をかけさせていただき屋根に登らせていただきました。
しかし築41年とは思えない位きれいな建物です!
梯子
お客様のお話ですが以前にも業者に調査を依頼した際は屋根には上らなかったみたいです。
瓦棒屋根
屋根の形状は切ずま屋根を瓦棒葺きしています。
瓦棒屋根
経年劣化で金属の塗装が剥がれ錆びている状態です。
金属錆び
ちょうど雨染みがあった頭上部分ですが水分が乾きにくい状態です!
ただ破れているわけではありませんので雨漏りはしていないと思いますが
塗装もはがれポテトチップスのようになっていましたので
穴でもあいてしまえば大変です。
金属屋根
こちらは棟付近の状態ですが屋根材の金属が下地に食いついていないせいか、ペコペコと音が鳴る状態でした。
ここまでは屋根の上の状況を紹介させていただきましたが、全体的に大きな亀裂や穴あき箇所はありませんでした。

緊急性はありませんが金属屋根の劣化はかなり進んでいますので、カバー工事を提案したいところです。

もっとリアルな状況をお伝えするため、屋根裏にも入って雨染みの原因を追究したいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。