二階の天井に雨染みが!雨漏りが原因なのか?枚方市


枚方市にお住まいのW様邸のオーナー様から二階の居室に雨染みがあるとのお問い合わせをいただきました。

昨年12月くらいから雨染みが気になりだしたとのことでしたがはたして。。。


雨漏りが原因での雨染みなのかを早速調査させていただきました!
まず居室の雨染み箇所に案内していただきました。
雨染み?
確かに雨染みらしき跡がありますが
雨漏りによる染みなのかは断定できません。
雨染み?
こちらもうっすらと確認できました。
次に屋根に登って調査することにしました。
梯子
梯子をかけさせていただき屋根に登らせていただきました。
しかし築41年とは思えない位きれいな建物です!
梯子
お客様のお話ですが以前にも業者に調査を依頼した際は屋根には上らなかったみたいです。
瓦棒屋根
屋根の形状は切ずま屋根を瓦棒葺きしています。
瓦棒屋根
経年劣化で金属の塗装が剥がれ錆びている状態です。
金属錆び
ちょうど雨染みがあった頭上部分ですが水分が乾きにくい状態です!
ただ破れているわけではありませんので雨漏りはしていないと思いますが
塗装もはがれポテトチップスのようになっていましたので
穴でもあいてしまえば大変です。
金属屋根
こちらは棟付近の状態ですが屋根材の金属が下地に食いついていないせいか、ペコペコと音が鳴る状態でした。
ここまでは屋根の上の状況を紹介させていただきましたが、全体的に大きな亀裂や穴あき箇所はありませんでした。

緊急性はありませんが金属屋根の劣化はかなり進んでいますので、カバー工事を提案したいところです。

もっとリアルな状況をお伝えするため、屋根裏にも入って雨染みの原因を追究したいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。