オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

なぜスレートが割れていしまうのか?東淀川区


texts
なぜスレートが割れてしまうのでしょう?

そもそもスレートとはどんな材質なのかも重ねて紹介させていただきます!

スレート材は厚さでいえば約2~3ミリ程度でセメントで固め作られた材質なのです!((1センチ前後)

2004年ごろまではアスベストにセメントを混ぜつくられていましたが、それ以降はアスベスト問題の影響で製造されなくなりました。

スレートの寿命は20年から25年と言われていますので瓦に比べれば半分くらいの寿命になります!


スレートは寒暖差に弱く夏場であれば雨水がスレートに含まれ高温にさらされ

乾燥するとスルメの一夜干しのように水分が飛ぶと反りだそうとしますし、

逆に冬場は含んだ水分が凍結し(水分は凍結すると体積が大きくなる)混合物をでつくられているスレートは

成分同士が引き離されていくため劣化が進行します!


このような現象を繰り返すことにより劣化してしますのです。

更にセメントを釘で止めているため揺れるとヒビが入りやすいのも特徴です!

最近よくお問い合わせの際に「スレート屋根の劣化が気になるので塗装してくれませんか?」

と質問されますが、塗装でスレート材は回復しません!一時的に塗料に含まれている成分に遮熱効果や、撥水効果は見込めますがが、根本的な解決にはなりません!

ただ屋根を葺き替えるとなると予算もかかりますし、悩むところではありますが、

最近はスレートの上にガルバリウム鋼板をカバーする工法も増えています。(アスベスト処分代もかからない)

軽くて強いメリットを最大限に生かした工法です!


今回、建物点検をさせていただいたお客様はまだ築12年です。

にもかかわらずスレートが十数箇所も割れていたのです。

劣化にしては早すぎます。施工不良がなかったのかも、もし工事をさせていただけるなら
徹底的に調査させていただきたいと思っています!

住宅を購入される方はほとんどが素人ですし、
まして屋根材の事まで営業マンは説明しませんのでほとんどの方が間取りや外観重視で購入されていると思います。

ただ大阪市内ともなれば3000万以上の住宅がほとんどです。

汗水たらして働き、大きな決断をし購入し住宅ローンを返済されている思います。

ですから12年でこのような状態が悔しくて仕方ありません!




columns
IMG_3159
経年劣化?
IMG_3158
残念ですが割れています。

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市 棟板金交換工事!飛散した棟板金を修理いたします

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板製)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

担当者が丁寧にヒアリング中

※2020年11月27日 公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府茨木市で雨漏り修理業者をお探しですか?今回は、弊社が茨木市で実際におこなった雨漏り修理をご紹介します! 関連ページ 「料金の目安を知りたい!屋根修理・リフォームの...........

雨漏り箇所

※2020年11月27日 更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「吹田市で評判のいい雨漏り修理業者ってどこだろう?」「地域密着型で口コミで評判の雨漏り修理業者を探している」「土地勘が無くてどの業者が評判がいいのかわからない」吹田市で...........

瓦屋根

※2020年11月27日 公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。箕面市で瓦屋根の修理をお考えですか?今回は弊社が箕面市でおこなった無料屋根点検の模様を公開します!「瓦がズレている」「瓦が落下しそうで怖い」「葺き替えが必要と言われたけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41