東淀川区|雨漏り調査に急行しました。


本日は東淀川区の雨漏り調査に急行しました。

先日の大雨の際に、3階建ての2階のトイレの天井から雨漏りしたとのことでした。

以前にリフォームされた業者に問い合わせては見たようですがすぐには来れないととことで、弊社にお問い合わせをいただいたようです。
IMG_9571-columns2-overlay
かなりの量の雨水が浸入したと考えられます。
お客様もビックリされたことでしょう。
IMG_9575-columns2-overlay
幸いにも2階部分で雨水は止まっている様子ですので、1階は大丈夫でした。
IMG_95961-columns2-overlay
既存のバルコニー防水はFRP防水のようですが、5年前にリフォームされたとのことですので少し残念な結果ですね。
IMG_9578-columns2-overlay
床面が所々水膨れのように浮いて割れている箇所もありました。
原因はおそらく防水層が割れていますので、そこからの浸入だと思います。
IMG_9582-columns2-overlay
多少でありますが、手すりのひび割れにも原因があると思われます。ですが大半の原因は防水層だと思います。
IMG_96121-columns2-overlay
防水層が割れている箇所を、お孫さんと一緒にブチルテープで養生させていただきました。
とても手先が器用でビックリするくらいの腕前です!

工事の提案としましては、塩ビ防水機械式工法を提案させていただきました。

最後に以前のリフォーム会社の保証について質問させていただいたのですが、丁度半年前に切れているとのことです。
施工法は間違いないと思いますが施工の種類が少し残念です。

一概には言えませんが、アスファルト防水しモルタルで仕上た上にFRP防水でしたので、3階で建物も揺れますし、結果的には防水層が割れてしまっているのですね。
できれば、5年前に塩ビシートで施工していれば10年は持ったのかもしれません。

お客様は素人ですので何もわかりませんので業者の提案はとても重要になります。

お客様に安価で喜んでいただくのも一つですが、丈夫で長持ちしなければ、結果的に再工事が必要になれば迷惑かけてしまうのですね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。