吹田市|破損した瓦の隙間から雨水侵入。屋根瓦のズレと歪み

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

屋根全体ではなく、屋根の一部が劣化し破損している現場の様子をご紹介します。
屋根にはいろいろな形や種類があります。今回見ていいただくのは「差掛け屋根」という形状の屋根です。
瓦の下の土が流れ出し歪みが生じている屋根。一部破損で落下の恐れがあり

瓦の劣化の様子

瓦の下の土が流れ出し歪みが生じている屋根。一部破損で落下の恐れがあり
現場は瓦の屋根だったのですが、調査で伺った際、目視でもしっかり分かるぐらいの激しい損傷でした。

経年劣化によるものか、原因は他にもあるのか、瓦にはかなりの破損が見られます。

瓦の下には土を詰めているのですが、その土が流れ出てしまっています。
流れ出たことによって瓦と瓦に隙間ができ、そこから雨水が侵入。雨漏りの原因となってしまいました。
手で簡単に取り外せるほど劣化した屋根瓦
割れてしまった丸瓦です。これが落下などしたら大変ですね。
瓦の下の土が流れ出し歪みが生じている屋根。一部破損で落下の恐れがあり
瓦が欠けてしまった部分から雨水が入って、中の土が流れ出てしまっています。

瓦が劣化し破損するとどうなるか

瓦が破損し中の土が流出し、歪みやズレが生じている屋根
■横から見てみましょう

瓦の下には土が詰まっています。
土が流れ出て支える土台が無くなっている状態です。

そうすると当然上に葺かれている瓦にはズレが生じます。
そして歪みも出てきて、健康な瓦にも悪影響を及ぼし結果的には大きなダメージを与えてしまいます。

こちらの写真でも分かる通り、大きな歪みが見られますね。
軒下の雨漏りによる雨染みの様子
軒下に入って見てみました。

雨漏りが起こっている瓦屋根の下はどのようになっているのでしょうか?

軒の下には屋根を支える垂木など木材が使われていることが多いのですが、こちらが長年の雨漏りにより腐ってしまっているような状態になっていました。

木材が白くなっているのは雨染みによるものです。
このまま放置すると、腐食がどんどん進み建物にとって大変危険な事になってしまいます。

雨水の侵入で屋根はこんなことになります

瓦が破損し中の土が流出し、歪みやズレが生じている屋根
目視でも分かってしまうほどの歪みが生じていた軒の屋根瓦。
瓦が劣化しそこから雨水が入り込み下の土に影響し流出、どんどん上の瓦が動きズレて歪みが出る…
とっても危ない状態でした。

ズレた瓦が落下し通行人にケガをさせたりの事故にもつながりますし、なにより建物に雨漏りが生じ、このまま放っておくとお家の健康に大きな影響を与えてしまいます。早急な手当が必要ですね。

次回はこの瓦屋根の補修の様子をご覧いただきます!

この工事の現場ブログ

差掛け屋根の瓦の葺き替えをする脚立に乗った職人

2017/03/30/ 吹田市|破損瓦の隙間から雨漏り発生。屋根瓦のズレと歪み、葺き替え補修・前編

差掛け屋根の瓦が破損して落下しそうな状態でした。瓦下の土が雨水で流れ、痩せてしまった土台の上の健康な瓦まで滑り落ちてしまいそうでした。早急な瓦の葺き替え工事が必要です。

旧い瓦の屋根に新しくなんばんを敷いていく職人

2017/04/03/ 吹田市|破損瓦の隙間から雨漏り発生。屋根瓦のズレと歪み、葺き替え補修・後編

さて、今回は劣化の激しかった旧い屋根瓦を撤去し、一部分ではありますが新しく瓦を葺いていく様子をご覧いただきます。全葺き替えではなく一部ですので、目視で取り替えるべき土と瓦を取り除き補修していきます。

瓦の下の土が流れ出し歪みが生じている屋根。一部破損で落下の恐れがあり

2017/03/27/ 吹田市|破損した瓦の隙間から雨水侵入。屋根瓦のズレと歪み

屋根全体ではなく、屋根の一部が劣化し破損している現場の様子をご紹介します。屋根にはいろいろな形や種類があります。今回見ていいただくのは「差掛け屋根」という形状の屋根です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

3階建て建物外観

こんにちは。街の屋根やさん大阪吹田店です!台風被災後の補修工事、現地調査のご依頼を多くいただいております。今回は摂津市のスレート屋根の現場からご依頼があり現地調査と応急処置をさせていただいた様子をご覧いただきます。3階建ての建物で、形状は切...........

台風で被災した瓦屋根

この度は大阪市生野区の青色の瓦屋根の現場調査に伺いました。こちらの現場も先日の台風の強風に瓦があおられ屋根等に甚大な被害を受けていました。大棟、下り棟の丸瓦は外れてしまっているところもあり、中の土もむき出しの状態です。強風のせいなのか棟の熨...........

ブルーシート養生した建物外観

屋根を全体的にブルーシートで覆った現場です。現地調査により屋根全体が大きく被災していることが分かりました。部分部分を小さく養生するより、建物自体そして家屋内部への被害や負担を考えて広くブルーシートで覆い応急処置という形をとらせていただきまし...........