旭区|雨漏りというレベルを超えている天井からの水漏れの原因は?①

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

おはようございます。街の屋根やさん大阪吹田店現場ブログです。

梅雨の季節ですが、お家の天井に雨漏りの染みなど見られませんか?
お家のメンテナンスの状態があまり良くない状態で雨が続くと、こういった梅雨の時期や台風の季節に一気に悪化することがあります。

原因は屋根からだったりベランダや屋上からだったりと、不具合箇所は様々ですが、要はある箇所の破損から雨水が侵入してしまうのが原因だったりします。

そして結果的に天井に染みが見られたり、壁紙が膨れたり剥がれたり…と症状が現れてきます。
天井から雨水が漏れ落ちているところ
けれど今回はそういった雨漏り症状とはちょっと違った発生の仕方をしている現場に伺わせていただきました。

どういった原因でこのような水漏れが発生してしまったのでしょうか?

水が天井から流れ落ちている現場

天井から雨水が漏れ落ちているので調査で穴を開けているところ
■通常の漏れ方とは違う?

水が激しく流れ落ちていたので、まずは調査のためにその箇所を開いてみました。

開けてビックリです。

丁度水漏れのあった箇所の位置に塩ビの配管が見られました。
どうもここから水漏れが発生しているようです。

配管から水漏れが発生している様子
寄ってみてみましょう。

グレーの配管のつなぎ目にあたる部分から大量に水が漏れています。

もちろんまわりも水浸しの状態。

発生箇所がここなのは間違いないようですが、なぜこのような水漏れが起こってしまったのでしょうか?

周りの養生と溜まった水を出しきります

洗面所雨漏り発生のため養生をしてカバーする様子
流れ落ちる水が激しいので、そのままの状態だと居室(今回は洗面所でした)に水が飛び散り被害が大変大きいです。

床にはブルーシート、壁にはビニールシートなどで養生し、損害を最低限に抑え工事に入っていきます。

住みながらの工事の作業の仕方ですね。
天井から流れ落ちる雨水をバケツでキャッチする職人
雨漏り発生箇所に穴を開けると、大量の水が流れ落ちてきました。

壁や家具などを養生し床にもブルーシートを敷き詰めますが、追いつかない状態です。

このように職人が発生箇所にバケツをあてがって、溜まった雨水を一旦出し切ってしまいます。

ものすごい量の雨水のようですね。
さて、こんなに流れ落ちる雨水はどこからきて、どのようにこの配管にたまってしまったのでしょうか?

次回はいよいよこの雨水が大量に流れ落ちる配管にメスを入れていきます!

同じ地域の施工事例

施工事例

旭区|ベランダ雨漏り・塩ビ防水塗装工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
塩ビシート(田島ルーフィング)
築年数
11年
建坪
40
保証
7年
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り天井めくり工事

雨漏りで居室天井に大きな穴が発生し、ガムテープなどで応急処置されていた摂津市の現場です。既存の天井壁紙は鮮やかな青空のクロスでしたが、雨漏り防止の暫定に貼られたガムテープがせっかくの見栄えを台無しにしていました。

屋根の雨樋下からのアップ

9月は台風の季節です。台風前の備えや損害を未然に防ぐ方法などの知識も必要ですが、台風が通過した後のメンテナンスやチェックの仕方をご紹介したいと思います。

雨漏りで雨染みの見られる屋根裏

雨漏りなどでお客様からご連絡があって吹田市へ現地調査に伺いました。まずは雨漏りの起こっている居室のチェックをさせていただきます。その後雨漏りの原因となっている個所の特定のために、天井裏を見てから最終的には現場の屋根などに上らせていただきます...........