オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東淀川区 屋根カバー工法で屋根のリフォームをおこないます


texts
※2020年7月15日更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

本日は、大阪市東淀川区でおこなった「屋根カバー工法」の作業工程をご紹介します。

6階建てマンションの屋根に新しい屋根材(ガルバリウム鋼板)をかぶせていきます。

今回は、既存の屋根に設置されている「棟板金(むねばんきん)の撤去」と、「新しい防水紙を張る作業」の模様をくわしくご紹介します。

また、「屋根カバー工法」についてもご説明いたします。

headlinesheadline

屋根カバー工法とは?

beforeafter
before1
IMG_31602
 屋根カバー工法前 
こちらのスレート屋根は、屋根材の劣化により、割れ落ちが10ヶ所以上も発生していました。
horizontal
after1
IMG_66302
 屋根カバー工法後 
劣化したスレート屋根の上からガルバリウム鋼板を葺きました。

ガルバリウム鋼板は軽量で耐震性の高い金属屋根です。
texts
屋根カバー工法(重ね葺き)とは、既存の屋根をそのまま残し、上から新しい屋根材を覆う工事方法です。

屋根を屋根でカバーするのが「屋根カバー工法」といえます。

既存の屋根材の解体・撤去の必要がほぼないため、費用を抑えることが可能です。

解体と廃材処理が必要な箇所は「棟板金(むねばんきん)」くらいです。

そのため、葺き替えに比べて工事費用がお安くなります。

また、その分工事期間を短く済ませることもできます。

 関連ページ 
headlinesheadline

大阪市東淀川区で屋根カバー工法をおこないます

columns
IMG_5311
まずは、既存の板金をはがしていきます。

茶色く見えるのは貫板(ぬきいた)です。

貫板は屋根頂上に設置されている棟板金の下地にあたる木材です。

黒く変色して腐食が進んでいるのが分かります。


IMG_5318
既存の屋根をいためないようにバールをうまく使いながらはがしていきます。


columns
IMG_5354
板金をはがし、貫板を撤去させていただきましたが、

雨水の浸入はなさそうです。

新築時の板金職人の腕がいい証拠ですね!


IMG_5352
棟板金すべてを撤去しました。

このままの状態ですと雨が降れば大変ですので、

防水紙をはる作業を急ぎます。


columns
IMG_5302
使用する防水紙は片面粘着シート(カスタムライト)

分かりやすく説明しますと、表面は防水加工したシートなのですが

裏面は粘着剤が加工されていますので、既存の屋根に密着するので、タッカーで止める必要がありません。



IMG_5292-1
軒先から張っていきます。

職人さんが紙を引っ張っていますが、これをはがせば屋根にくっつきます。

ちなみに、1度くっ付けば剥がれません。

丁寧な作業が求められます。


columns
IMG_5328-1
特に、壁際は雨水が集中します。

慎重に立ち上がりの雨仕舞の高さを考えて張っていきます。


IMG_9245
半分くらい張れましたが、大きな建物なので時間がかかります。

ちなみ、防水紙1ロールで16メートルあります。


columns
IMG_9252
下り棟は両方向から重ねるように張りますので、

二重防水になっていますので安心感が増します。

IMG_9268
綺麗に張れました。

大棟箇所は3枚重ねになっていますので更に安心感が増します。

texts
これで雨水の浸入は大丈夫ですが、この時期は霜や夜露がおりますので、

翌日は表面が乾いてからの作業となります。

次回は、「材料搬入」「ガルバリウム鋼板で施工」の作業工程をご紹介します。


headlinesheadline

東淀川区で屋根カバー工法なら「街の屋根やさん大阪吹田店」

columns
b1330e09b4bce5ba403d12e4d06e9971
屋根カバー工法は、葺き替え(ふきかえ)工事と比べて費用を安く抑えることができます。

その理由は、既存の屋根を解体・撤去する必要が無いからです。

屋根カバー工法は、屋根リフォームとして非常に需要が高まっています。

しかし、既存の屋根状態によっては屋根カバー工法をおこなえない場合もございます。

まずは、お気軽に「無料お住まい調査」をご利用ください。

大阪市東淀川区で屋根カバー工法をご検討でしたら、私ども「街の屋根やさん大阪吹田店」におまかせください!

「屋根カバー工法と葺き替え‥うちの屋根にはどちらが適している?」

「屋根カバー工法って、いくらくらいかかるの?」

という方も、お気軽にお問い合わせください。

いつでも無料で「相談」「現地調査」「お見積り」「ご提案」をさせていただきます。

わたしたちは、「強引な勧誘」や「不要な工事の強要」などは一切おこなっておりません。

はじめてのお問い合わせはご不安を抱かれるかと思います。

どうか、お気軽にご相談くださいね。

 関連ページ 




この工事の現場ブログ

ガルバリウム鋼板

2016/12/27/ 東淀川区 屋根カバー工法で屋根のリフォームをおこないます

※2020年7月15日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。本日は、大阪市東淀川区でおこなった「屋根カバー工法」の作業工程をご紹介します。6階建てマンションの屋根に新しい屋根材(ガルバリウム鋼板)をかぶせていきます。今回は、既存の屋...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

吹田市|雨漏り・屋根カバー工法/ガルバリウム鋼板の屋根材(スーパーガルテクト)

IMG_81631
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
30年
建坪
50坪
保証
7年
工事費用
約170万円
施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万

同じ地域の施工事例

施工事例

東淀川区 屋上防水!防水工事で陸屋根からの雨漏りをとめます

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

東淀川区の強風で飛び散った棟瓦を『棟積み替え工事』で修理します。

崩れ始めている熨斗瓦
強化棟(防災棟)の施工完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟(下地なんばん)
築年数
築30年
建坪
約9m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約35万円
施工事例

東淀川区 防水リフォーム!雨漏りがきっかけの屋上防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ2.0(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート屋根

高槻市のとある老舗旅館の屋根調査です。敷地の中の建物の屋根はたくさんありますが、今回工事の対象のなる屋根はスレート屋根です。スレート瓦が強風により一部が捲れてしまい、剥がれ落ちるいうスレート屋根では多い被害の一つです。スレートのベースとなる...........

屋根カバー工事

2020年6月30日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。せっかく屋根リフォームをするのであれば、できるだけ費用を抑えて最適な施工をおこないたいですよね。先日、大阪府箕面市にお住まいの方から屋根リフォームのご依頼をいただきました。事...........

屋根カバー

寝屋川市で屋根の現場調査をさせていただきました。屋根は瓦棒屋根部分と矩勾配屋根部分はアスファルトシングル屋根でした。工事をさせていただくことになったキッカケは矩勾配部分のアスファルトシングルが捲れて道路側に落下してくるとの内容でした。またア...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41