東大阪市|雨漏り発生の瓦屋根をスレートに葺き替える工程


さて本日は東大阪市の瓦屋根からスレート屋根へと葺き替える工事の最終工程です。施工中、鳥の巣を見つけたり雨が降りそうになったりといろいろありましたが、いよいよ完成間近です!
スレート屋根
|すっきりとした外観へ

今回雨漏りが発生したため、瓦の屋根を撤去し新たにスレート屋根で葺き替えする工事をさせていただきました。
目視では瓦自体にそれほどの劣化は見られない様子でしたが、めくっていくと土の下の野地板に穴が空いていたり鳥の巣が作られていたりと、雨漏りの原因となりそうな要因が沢山見られました。
防水シートを張った屋根
アスファルトルーフィングのマルエスカラーを敷き詰めたところです。屋根材の下にこのような防水材を敷き、防水効果をより高めます。
新しい雨樋設置
新しい雨樋を設置したところです。既存の雨樋は詰まりが見られ、雨水が溜まってしまう状態でした。
防水シートを張った屋根
屋根材であるスレート材、スーパーガルテクトを上にあげたところです。
ルーフィング施工途中の屋根
スレートを葺く順番は、軒先(下)から棟(上)に向かって重ねて葺いていきます。
ルーフィング施工途中の屋根
最後に大棟のスレートを葺いて…
スーパーガルテクト屋根
葺き替え完了です!

瓦屋根からスレート屋根へ

■瓦屋根からスレート屋根に葺き替えるメリットとは?

まず、やはり瓦の屋根に比べ軽量ということ。瓦屋根のおよそ3分の1から4分の1ほどの重量といわれています。あとはカラーやデザインが豊富なのも魅力です。そして工期が短く済むということもメリットではないでしょうか。

デメリットというと定期的な塗装が必要になるという点がありますが、メンテナンスという意味ではどの屋根材でも必要なことと考えれば、劣化や破損で瓦屋根からスレート屋根に葺き替えるという選択は十分考えられると思われます。
CIMG0062-1-columns1-overlay

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西区瓦屋根からガルバリウム鋼板に葺き替えました!

施工前瓦屋根
ガルバリウム鋼板施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板JFE鋼板
築年数
30年前後
建坪
123平米
保証
7年
工事費用
約180万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

豊中市|スレート屋根からスーパーガルテクト(アイジー工業)に葺き替えました!

屋根葺き替え工事 スレート屋根
屋根葺き替え工事 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト(アイジー工業)
築年数
30年前後
建坪
21坪
保証
屋根葺き替え工事7年保証
工事費用
190万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外れた熨斗瓦

茨木市もこの度の大阪府北部の震災被害が大きかった地域です。今回ご依頼のあった現場は大棟のゆがみや熨斗瓦の落下、平瓦部分のズレなど、大きな補修工事が必要なものでした。お客様には今後のお家の安心安全を考え、金属屋根への葺き替え工事をご提案させて...........

屋根工事の足場架け

室内で甚大な雨漏り被害があった寝屋川市の現場より、本日は青い瓦屋根の葺き替え工事の様子をご覧いただきたいと思います。

雨漏りによる天井と壁の剥がれ崩れなどの劣化

寝屋川市にて建物居室、和室天井に雨漏りによる大きなめくれや崩れが発生。砂壁にも広範囲の雨染みです。雨漏りが進行している個所は砂壁の内壁も崩れおち、内部の木材の躯体が丸見えになっている状態でした。