台風の影響で庭に棟瓦が落ちている箕面市の住宅を調査いたしました。


今回の現場は箕面市です。

家屋で雨漏りした場合、まず疑いたくなるのはすぐ『直上の瓦』でしょう。

しかし、実は雨漏り原因の多くは『棟や『サッシ廻りの傾向が高く、また外壁など様々な可能性があります。

まずは、直上の瓦自体が割れていないかを確認しますが、その場所より上の可能性もあるので、『棟廻り』確認します。
棟瓦が台風で飛散している状況
こちらが既存の棟瓦です。瓦の被害状況から台風の凄まじさを物語っています。
棟瓦が台風で飛散している状況
とても痛々しい状況ですが、頑張って家を守ってくれています。
棟瓦が台風で飛散している状況
瓦の下の土もむき出しになっており、早く修理をしてあげなければ、さらに土が流れ出し被害は広がります。
棟瓦が台風で飛散している状況
棟の状況を確認します。あちこちの棟瓦が飛散しており、被害状況から台風の凄まじさを物語っています。

瓦の下の土もむき出しになっており、早く修理をしてあげなければ、さらに土が流れ出し被害は広がります。

この状況で『補修工事』を行う事は全く意味をなしません。

すぐに雨漏りを繰り返すでしょう。

今回は既存の棟を一度すべて解体し、棟丸ごとやり替える『棟の積み替え工事』の提案をし、工事のお願いをいただきましたので、その模様をご紹介いたします。

それでは、「棟の積み替え工事」をご覧ください
棟をブルーシートで養生し、雨漏りを防ぐ
雨水がこれ以上入り込まない様にブルーシートで養生していきます。
ブルーシートの横に土嚢袋を敷き詰め留めつける
その横に土のう袋に重りをたっぷり詰めた袋を置き、飛ばないように固定します
とにかくこれ以上雨が屋内に入り込まない様に、出来る限りの養生をさせていただきました。

養生に使った材料は『ブルーシート』で、その横に土のう袋に重りをたっぷり詰めた袋を置き、飛ばないように固定します。

これで、しばらくは雨漏りする事はありませんが、あくまでもその場しのぎの補修ですので、早く工事に取りかからないといけません。

瓦の下の土が柔らかくなっている様子
瓦を外すと土が出てきます。写真では分かりづらいかもしれませんが、水の流れた後が見えます。

雨漏りの原因が棟である事が分かります。

棟から雨が入っていた場合、棟から軒に向けて、水の流れができます。

昔の屋根は「土葺き工法」といって瓦の下に大量の土が葺いてあります。

そこに水が流れると、水の流れた後が残ります。具体的に言うと、最初土はガチガチに固まっています。

そこが水に濡れると柔らかくなって、サラサラの砂の様になります。見た目にも明らかに水が通った後が分かります。

そこを辿っていくと、雨漏りに箇所が分かります。
既存の瓦を撤去
では、さっそく工事を始めていきます。まずは、瓦を外していきます。下から土がたくさん出てきます。
既存の瓦を撤去
瓦の下からは大量の『葺き土』と呼ばれる土が出てきます。この土で瓦を固定していたのですが、雨に濡れて柔らかくなっておりました。
瓦の下の土を撤去
この土をすべて取り除いていきます。
7段のし瓦をすべて撤去
棟の『のし瓦』は7段あり全て取り除くのはかなりの労力になります。
7段のし瓦をすべて撤去
7段のし瓦と土をすべて撤去
土を手で取っていきます。7段熨斗瓦は、土をのせて熨斗瓦をのせて、土をのせて熨斗瓦を7回繰り返しています。

なので解体する際は、熨斗瓦を外して、土を除けてを7回繰り返します。
before1

horizontal
after1

棟瓦と、土を全部取り終えて、本日の工程は終了です。

この棟瓦はすべて新しい物に代わり生まれ代わります。

それでは本日のブログは以上です。

この工事の現場ブログ

棟積み直し工事の施工後

2018/01/17/ 箕面市で棟瓦の雨漏り修理|いぶし瓦大棟7段から5段への棟積み替え工事

箕面市の屋根積み替え工事を紹介します。前回は隅棟の一段目のし瓦を積んだ所までをご紹介させていただきましたが、本日は隅棟の3段目までのし瓦を積み、冠瓦を積んでいきます。さらには、大棟ののし瓦を5段積んでいく所をご紹介致します。前回は、降り棟(...........

白いなんばんを隙間に詰める

2018/01/11/ 箕面市で台風で飛散した棟瓦の積み替え工事。熨斗瓦を積んでいきます。

今回は箕面市で「屋根棟積み替え工事」です。のし瓦を積んでいく所を紹介いたします。前回はのし瓦取って、土を取る所までを行ないました。今回は土を取った所に、のし瓦の高さを調節する為の水糸を張り調節し、白い「なんばん」を置いていきます。「なんばん...........

棟瓦が台風で飛散している状況

2017/12/20/ 台風の影響で庭に棟瓦が落ちている箕面市の住宅を調査いたしました。

今回の現場は箕面市です。家屋で雨漏りした場合、まず疑いたくなるのはすぐ『直上の瓦』でしょう。しかし、実は雨漏り原因の多くは『棟』や『サッシ廻り』の傾向が高く、また外壁など様々な可能性があります。まずは、直上の瓦自体が割れていないかを確認しま...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円
施工事例

箕面市|大屋根&下屋根「棟の積み替え工事」の施工例

IMG_0761
IMG_9472
工事内容
その他の工事
使用素材
いぶし瓦(淡路瓦)
築年数
築35年
建坪
保証
5年間
工事費用
約190万円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟積み替え工事

本日、鶴見区にあるとあるアパートの現場調査に行きました。問合せの内容は2階建てアパートの2階部分の雨漏り。雨漏り2階部分の屋根の広範囲に渡り及んでいるそうです。屋根は瓦屋根で至る部屋から雨漏りしているとのことですので、原因は屋根にありそうで...........

茨木市 棟の捲り

茨木市 4段熨斗積みの棟を強力棟で積み替えます。こんにちは!街の屋根やさん松本和也です。本日は、棟の積み替えをしたいというお住まいでの工事の様子をブログにてご紹介いたします!現状、4段熨斗積みの冠瓦で収められている旨で、とても立派な仕様にな...........

防災棟

港区で防災棟に積み替え工事をした現場の着工~竣工までをご紹介させて頂きます。防災棟とは別名強化棟とも呼ばれ言葉の通り、頑丈な棟ということです。一般的に瓦屋根では昔から、棟下地のベースとしては土を盛り、のし瓦を積み上げ最後に冠瓦を積み、銅線な...........