東住吉区サッシまわりから雨漏りがするとのお問い合わせをいただきました。


本日はサッシまわりから雨漏りするとのお問い合わせをいただきましたので、

その調査模様と、緊急補修の模様をご紹介させていただきます。

以前に外壁塗装もされていまして、とてもきれいな建物ですので雨漏りがしているなどと想像もつきませんが、

お客様に雨漏り箇所に案内していただき、調査をはじめさせていただきます。
木造3階建て住宅
存在感のある立派な建物です。

雨漏りをしているなんて外観からは想像もつきません。
雨漏り箇所
雨漏り箇所に案内していただきました。

木部に黒ずんだ雨染みが確認できますが、結露の可能性もありますので、お客様に聞いてい見ますと先日の雨で雨水が確認できているとのことです。
屋根裏調査
屋根にのぼることができなかった為屋根裏点検から始めたいと思います。

サッシまわりの雨漏りも屋根、壁をつたって漏るケースもありますので屋根裏点検しましたが、特に大きな問題はなさそうです。
外壁調査
次に雨漏りの真上にあたる外壁点検をさせていただきましたが、

金属系のサイディングに塗装をしているためジョイントの状況も分かりにくいのですが、施工ミスがない限り雨水が入り込むことは考えにくいと思います。
外壁コーキング補修
最終的に気になる箇所をコーキングさせていただきました。


外壁コーキング補修
サイディングが膨れ上がっていますので、ビスが胴縁(下地の木部)
にきいていないのかもしれません?

コーキングでおさまる範囲でしたので打たせていただきました。
外壁コーキング補修
サッシまわりにも念のため打たせていただきました。
外壁コーキング補修
サッシの天場とジョイント箇所にもコーキングで補修しました。
できる限りのことはさせていただきましたが、雨漏り箇所を特定するには、

足場を組み散水試験をしなければ仕方ない状態です。

ただ想定できるポイントは全て抑えていますので様子を見ていただくことにしました。

お客様は「壁を張り替えたほうが良いのでしょうか?」と質問がありましたが、様子を見ていただく結論で調査を終えることにしました。

なぜかといいます今回の無料補修で雨漏りが止まる可能性もありますし、

必要のない工事をお客様に提案するわけにはいかないからです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?