吹田市中古住宅購入予定者からの屋根調査依頼がありました。

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

本日は吹田市の中古住宅の屋根調査にお邪魔しました。

お客様のお話によりますと、以前リフォーム業者さんが、施工途中で工事がストップし、

屋根材が吹かれていないので一度見てほしいとの依頼でした。

お話の中にも不自然な点がありますので、論より証拠!

屋根にのぼり点検することにしました。

木造2階建て住宅
屋根の様子ですが、連棟の真ん中のお宅ですが、

瓦がなくなっている様子ですね!

確かに屋根材がないように見えますが・・・
三連梯子で屋根に登っています。
安全確認の上、梯子を屋根にかけ、

登らせていただきました。

のぞき込める位置に到達した時です!

屋根はきちんと葺けていました。
屋根点検
茶色系のガルバリウム鋼板にほこりがかぶっている状態だったようです。

寸法も図り点検していきます。
屋根点検
棟板金、下り板金、連棟の雨仕舞など、気になる箇所を全て見て回りましたが、

全く問題ありません!
結論から言いますと、屋根自体がお隣さんの瓦屋根に挟まれ、以前の屋根工事の際に、

瓦より薄いガルバリウム鋼板を使用したためお隣の屋根との段差ができてしまい、

屋根材がないように目に映ったのだと思います。

基本お客様は素人ですので仕方ない見解だったと思います。

調査結果を報告し、写真も見てもらい説明すれば、納得いただき喜んでいただきました。
梯子をなおしている様子
街の屋根やさんでは、無料点検をお電話一本で行っています。

今回のように工事が必要ないケースでもありますが、

お客様が安心していただければ嬉しい限りです。
梯子をなおしている様子
梯子を車に固定し次の現場に急行します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

pixta_35397427_M

この度大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生いたしました。

雨漏り押入

東淀川区にお住まいになっているお客様の雨漏り調査に行きました。今年も雨季の季節で一番多い問合せが雨漏りです。雨漏りは当たり前ですが雨が降らないと雨漏りはしません。雨は季節関係なく降りますが、継続的に雨が降った事により雨漏りしてしまったという...........

ウレタン防水工事完了

先日3階建ての劣化し防水効果の落ちたベランダ屋上の様子をご覧いただきました。本日はそちらの現場のウレタン防水工事の作業を順を追ってご紹介いたします。ウレタン防水工事通気緩衝工法で施工させていただいた今回の現場ですが、この工法のメリットは防水...........