吹田市中古住宅購入予定者からの屋根調査依頼がありました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

本日は吹田市の中古住宅の屋根調査にお邪魔しました。

お客様のお話によりますと、以前リフォーム業者さんが、施工途中で工事がストップし、

屋根材が吹かれていないので一度見てほしいとの依頼でした。

お話の中にも不自然な点がありますので、論より証拠!

屋根にのぼり点検することにしました。

木造2階建て住宅
屋根の様子ですが、連棟の真ん中のお宅ですが、

瓦がなくなっている様子ですね!

確かに屋根材がないように見えますが・・・
三連梯子で屋根に登っています。
安全確認の上、梯子を屋根にかけ、

登らせていただきました。

のぞき込める位置に到達した時です!

屋根はきちんと葺けていました。
屋根点検
茶色系のガルバリウム鋼板にほこりがかぶっている状態だったようです。

寸法も図り点検していきます。
屋根点検
棟板金、下り板金、連棟の雨仕舞など、気になる箇所を全て見て回りましたが、

全く問題ありません!
結論から言いますと、屋根自体がお隣さんの瓦屋根に挟まれ、以前の屋根工事の際に、

瓦より薄いガルバリウム鋼板を使用したためお隣の屋根との段差ができてしまい、

屋根材がないように目に映ったのだと思います。

基本お客様は素人ですので仕方ない見解だったと思います。

調査結果を報告し、写真も見てもらい説明すれば、納得いただき喜んでいただきました。
梯子をなおしている様子
街の屋根やさんでは、無料点検をお電話一本で行っています。

今回のように工事が必要ないケースでもありますが、

お客様が安心していただければ嬉しい限りです。
梯子をなおしている様子
梯子を車に固定し次の現場に急行します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熨斗瓦と大棟のゆがみをチェック

■下り棟の瓦が台風で倒壊。中の土が見えています台風や地震などの災害時、瓦屋根で被害が大きく出るのは棟、ケラバ、軒先など屋根の端や先端部分です。現地調査でもこれらの個所を詳細に見させていただきました。

めくれたスレート板金部分に応急処置の防水シート

■スレート屋根の大棟板金が台風の強風により吹き飛んでしまいました。この度は寝屋川市のスレート屋根の現場からです。台風21号は関西圏に大きな被害をもたらした台風でしたが、屋根への影響は最も大きく、その中でも瓦屋根の被害は特に沢山の調査依頼をい...........

めくれた棟板金

吹田市にある製品加工・組立の製造工場の金属屋根が破損しているとのご連絡を受け、さっそく現場に伺いました。弊社からほど近い現場で、即伺わせてもらい屋根の調査を開始いたします!