大阪府三島郡|雨漏りしている状態を放っておくとどうなる?


今回の現場は大阪府三島郡島本町です。

雨が降り、雨漏りが発生したにも関わらず、しばらくして雨漏りが止まった為ほっておいたそうです。

当然、また雨漏りが発生し、インターネットで検索し屋根専門の『街の屋根やさん吹田店』を見つけたそうです。

こんにちは街の屋根やさん吹田店の道明です。

それでは雨漏り調査の模様を写真と合わせてご紹介いたします。

〈雨漏り状況確認〉

雨漏り調査
雨漏り調査
〈雨漏り状況確認〉

数年前から2階天井部分から時々雨漏りが発生していました。しばらくの間、雨漏りは確認されませんでしたが今年になってからまた同じ場所から雨漏りが始まりました。

雨が降り始めて30分ほどで天井部分から雨漏り発生します。

タオル数枚が水浸しになるほど漏れる事もあります。

〈雨漏り調査開始〉

雨漏り調査
住人の方の許可をもらい、家にメスを入れていきます。まずは天井板のケイカル板を外していきます。
雨漏り調査
天井裏には断熱材「ロックウール」が敷き詰めれていましたが、水に濡れ所々カビが生えていました。
雨漏り調査
こちらが天井裏の様子です。
あちこちにカビが生えています。
雨漏り調査
〈雨漏り調査開始〉


雨漏りの調査を開始します。許可を得て天井を開けさせてもらいました。

躯体(くたい)内である天井裏がカビで一杯でした。

よく、『ほっておいてしばらくしたら直った』や『補修工事』で直してと言われる事があるのです。

私たちは数多くの家を調査し、工事を行ってきています。

躯体内がこのように水浸しになってしまった場合、『補修工事』直ったためしがありません。ましてや『ほっておいて』直るはずがありません。

一時的に雨漏りが止まる事はよくありますが、それはあくまでも『躯体内』に水が溜まり、表面上に表れていないだけです。

そして、次に雨漏りが発生する時は、躯体が大きくダメージを受けている時です。

驚かすような事を言ってしまいましたが、きちんと定期的にメンテナンスを行っていれば、このような事態は起きませんのでご安心下さい。

屋根の調査開始

雨漏り調査
屋根の調査を開始します。
雨漏り調査
いわゆる三角屋根と言われる『切妻屋根』で、セメントが基材のスレートで葺かれています。脇にはトップライトがみえます。
屋根の調査を開始します。


屋根材『スレート』自体はまだまだ丈夫でこれからも頑張ってくれそうです。

スレートは基材が『セメント』で出来ており、本来水を吸いやすい屋根材です。

しかし、上から撥水性のある塗料を塗っており、水を弾いています。しかし新築の場合最初に塗る塗料は『アクリル』を使用しており、耐用年数は新築の屋根材でも5年~10年程度です。


雨漏り調査
スレート自体はとても水を吸いやすい素材です。その上から塗料を塗る事で撥水性(はっすいせい)を確保します。
雨漏り調査
スレートに反りがあるのがわかります。この反りから雨水が入り、下の防水シートを劣化させてしまった様です。
スレートの状態を確認


この塗装は紫外線や雨風の影響で徐々に塗膜がはがれ粉状になっていきます。

そうなると、水を弾かなくなり水を吸収する様になります。

水を吸いやすくなると吸水乾燥の繰り返しで「屋根材の反り」「めくれ」がでてきます。

そうするとそこから水が浸透してきますが、屋根材の下には防水シートがあります。

本来はそこで雨水が食い止められますので雨漏りはしません。

防水シートは構造用合板と呼ばれる板にタッカーと呼ばれる大きいホッチキスの芯の様な物で、板に留めてあります。屋根の下に溜まった水がその芯の穴を徐々に劣化させ、穴を空けてしまい、雨漏りを引き起こします。

雨漏りは塗装では止まりません。

対策としては上から新しい板金屋根を施工する『カバー工事』が雨漏り対策としてご提案いたします。

外壁の調査

雨漏り調査
外壁塗装が必要かの調査を行います。現在、外壁はスタッコ塗装で仕上げられています。
雨漏り調査
外壁の調査を行いました。

外壁塗装の基準において外壁が綺麗かどうかは全く関係ありません。
(もちろん住まれている方は気にされてると思いますが)

塗装を行う基準から行けば関係ありません。

塗装を行う基準は『外壁が水を弾く』かどうかだけです。

これは、雨の日の後に外壁を見てもらうと良く分かります。塗料が新しい内は雨水を弾きますが、塗料が古くなってくると水を吸収しだします。

晴れの日でも外壁に水をかけてあげれば分かります。


塗装前の外壁のチョーキング現象を確認
『チョーキング現象』の確認

もっと分かりやすい方法は外壁を指で擦ってあげる事です。

塗料が古くなった外壁は『指に塗料が着きます』

ガードレールでも新しいガードレールは触っても塗料がつきませんが古くなったガードレールを触ると白い粉の様な物が着きますよね。

この現象の事を『チョーキング現象』と言います。

外壁や屋根に塗る塗料の成分は、色などをつける「顔料」、外壁や顔料を保護して美観や機能を守る「合成樹脂」、塗りやすくしたりする「添加剤」の三つで構成されています。

この三つが混ざった塗料にシンナーや水を混ぜて溶かし、外壁や屋根に塗るというのが塗料の基本的な構造です。

しかし、屋根や外壁は毎日紫外線が当たったり、雨風などの影響で塗膜を保護していた合成樹脂は徐々に劣化していきます。特に南側は劣化が早くなります。

長い年月をかけて紫外線や雨、風、湿気などの影響を受けて塗膜が劣化し、顔料が粉化したものが指に着きます。

大体10年~13年くらいで外壁の塗膜は劣化してきます。

外壁が劣化しているサインで、このまま放っておくとどんどん家が水を吸収し続けれ劣化させています。



雨漏り調査
雨漏り調査
最後に

この塗料の下には『ALC』や『木造』など
水に弱い建材があります。

特に最近では『窯業系サイディングボード』と呼ばれるセメントを基材として外壁が流行っています。

このサイディングボードも外壁自体には防水性はなく、上から塗る塗料だけで外壁を雨水から守っています。

水を吸収すると、やはり外壁も屋根材同様に反りや捲れに繋がります。

もし外壁が反りや捲れが起きると、塗装では戻りません。

そうなると、『外壁張替え工事』になり金額も2.5倍から3倍は掛かります。

幸いな事にまだ外壁は丈夫定期的な『外壁塗装』を行えば大丈夫です。

この建材を守る為『外壁塗装』を行い『塗膜』を復活させます。

人の体はガン等の大きな病気に掛かってから直す事を考えるより、大きな病気にならないような予防をするはずです。

リフォームも同じ事です。

リフォームの基本は。潰れたから直すのではなく、潰れる前に事前にリフォームを行う事です。

その方が費用もぐっと抑えられます。

本日のブログは以上です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

三島郡島本町屋根葺き替え工事

板金屋根
屋根葺き替え終了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
JFE鋼板ガルバリウム鋼板ゴールド
築年数
15年
建坪
27㎡
保証
5年
工事費用
50万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ウッドデッキ撤去

吹田市にお住まいのF様邸。ウッドデッキ撤去工事。問合せを頂いたのは単純に屋根に設置されているウッドデッキが古くなってきたのでそれを撤去してほしいという内容です。街の屋根やさん大阪吹田店は問合せを頂いたらなんでも致します。事務所は吹田市の江坂...........

カーポート交換工事

高槻市でカーポートの交換工事が施工されました。今回、カーポートを交換することになった理由はお隣にお住まいの方がトラックをレンタカーしており、そのトラックがカーポートに衝突してしまい、パネルが破損して支柱が曲がってしまったとのことでした。施主...........

茨木市 棟の捲り

茨木市 4段熨斗積みの棟を強力棟で積み替えます。こんにちは!街の屋根やさん松本和也です。本日は、棟の積み替えをしたいというお住まいでの工事の様子をブログにてご紹介いたします!現状、4段熨斗積みの冠瓦で収められている旨で、とても立派な仕様にな...........