豊中市|ベランダ波板ポリカーボネート屋根の張り替え工事


豊中市の2階建て建物のその2階部分にあるベランダのポリカ屋根の交換工事です。
ポリカーボネートはおよそ10年以上の耐久年数のある建築資材ですが、経年による劣化としては黄ばみや粘りの低下、割れなどの問題が出てきます。

※ ポリカーボネートについての詳しい記事はこちら。
「建築資材ポリカーボネートってどんなもの?」
新しいポリカ波板取り付け後

劣化したポリカーボネートは黄色く変色し透明度もありませんでした

劣化したポリカ波板屋根
劣化したポリカ波板屋根
劣化したポリカ波板屋根の取り外し
現場のポリカーボネート製のベランダ波板屋根は、劣化し変色していました。黄ばんで全く透明度も落ちています。

それだけではなく、屋根の一部が取れてしまって穴が空いている状態となっていました。

これでは雨水がかかってベランダで洗濯物を安心して干せません。
ベランダ屋根骨組みに苔や汚れ
既存のポリカ波板を外したところ、土台となる鉄骨部分に経年のゴミや汚れが溜まっていました。
新しいものを取り付ける前に手で除去します。
新しいポリカ波板を加工
本日取り付けるポリカ波板は、このように現場で大きさを計ってカットします。
新しいポリカ波板を取り付け
新しいポリカ波板を取り付け
新しいポリカ波板を取り付け
■表と裏とを間違えずに取り付けます

ポリカーボネートは表と裏があり、それを間違えると紫外線対策を施された効果が生かされず、劣化が早まるのです。
もともとは耐衝撃性の強い素材ながら、こういった取り付けミスがあると効果が半減してしまいます。

またポリカーボネートは耐久年数は長い建築資材ですが、時間が経つと素材に粘り気がなくなります。
そうするとちょっとした衝撃(風で小石が飛んでくる、強風にあおられるなど)でヒビや割れが生じてしまうのです。
before1
劣化したポリカ波板屋根
一枚欠損して雨水を除ける役割がなくなっていた黄ばんだポリカ屋根は…
horizontal
after1
新しいポリカ波板取り付け後
このように変身!波板を貼っているの?と思われるような透明度です。青空が透けています。
これで光はしっかり取り込みながら、雨水も紫外線もしっかりカットできます。

同じ地域の施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

豊中市|スレート屋根からスーパーガルテクト(アイジー工業)に葺き替えました!

屋根葺き替え工事 スレート屋根
屋根葺き替え工事 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト(アイジー工業)
築年数
30年前後
建坪
21坪
保証
屋根葺き替え工事7年保証
工事費用
190万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

木造アパート

摂津市のアパートオーナー様より、「2棟の木造アパート瓦がズレたり落下しているので今後が心配なので診て欲しい」との依頼で早速調査に行ってきました。築45年という木造住宅アパートは和瓦屋根で、まだ一度も大きな手直しを行っていない建物でした。

瓦屋根

本日は大阪市東淀川区より瓦屋根現場調査の模様をご紹介させて頂きます。屋根に上り調査させて頂きましたが養生が機能をはたしていない状況にびっくりしました。因みにブルーシートの耐久年数は1年です。

017df7af2baf99890aebc9c44f70e637a50e803747

高槻市のK様より屋根調査のご依頼を頂きお伺いさせていただきました。台風による強風で屋根の至る所に損傷が起きてしまったとお困りのご様子でした。上記のお写真を見ていただくと鬼瓦の漆喰部分が欠けているのが解るかと思います。漆喰の場合は経年劣化で亀...........