豊中市|ベランダ波板ポリカーボネート屋根の張り替え工事

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

豊中市の2階建て建物のその2階部分にあるベランダのポリカ屋根の交換工事です。
ポリカーボネートはおよそ10年以上の耐久年数のある建築資材ですが、経年による劣化としては黄ばみや粘りの低下、割れなどの問題が出てきます。

※ ポリカーボネートについての詳しい記事はこちら。
「建築資材ポリカーボネートってどんなもの?」
新しいポリカ波板取り付け後

劣化したポリカーボネートは黄色く変色し透明度もありませんでした

劣化したポリカ波板屋根
劣化したポリカ波板屋根
劣化したポリカ波板屋根の取り外し
現場のポリカーボネート製のベランダ波板屋根は、劣化し変色していました。黄ばんで全く透明度も落ちています。

それだけではなく、屋根の一部が取れてしまって穴が空いている状態となっていました。

これでは雨水がかかってベランダで洗濯物を安心して干せません。
ベランダ屋根骨組みに苔や汚れ
既存のポリカ波板を外したところ、土台となる鉄骨部分に経年のゴミや汚れが溜まっていました。
新しいものを取り付ける前に手で除去します。
新しいポリカ波板を加工
本日取り付けるポリカ波板は、このように現場で大きさを計ってカットします。
新しいポリカ波板を取り付け
新しいポリカ波板を取り付け
新しいポリカ波板を取り付け
■表と裏とを間違えずに取り付けます

ポリカーボネートは表と裏があり、それを間違えると紫外線対策を施された効果が生かされず、劣化が早まるのです。
もともとは耐衝撃性の強い素材ながら、こういった取り付けミスがあると効果が半減してしまいます。

またポリカーボネートは耐久年数は長い建築資材ですが、時間が経つと素材に粘り気がなくなります。
そうするとちょっとした衝撃(風で小石が飛んでくる、強風にあおられるなど)でヒビや割れが生じてしまうのです。
before1
劣化したポリカ波板屋根
一枚欠損して雨水を除ける役割がなくなっていた黄ばんだポリカ屋根は…
horizontal
after1
新しいポリカ波板取り付け後
このように変身!波板を貼っているの?と思われるような透明度です。青空が透けています。
これで光はしっかり取り込みながら、雨水も紫外線もしっかりカットできます。

同じ地域の施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

豊中市|スレート屋根からスーパーガルテクト(アイジー工業)に葺き替えました!

屋根葺き替え工事 スレート屋根
屋根葺き替え工事 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト(アイジー工業)
築年数
30年前後
建坪
21坪
保証
屋根葺き替え工事7年保証
工事費用
190万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

地震で崩れた大棟と熨斗瓦

吹田市の棟の崩れてしまった現場に伺いました。大阪北部の地震により被害を受けた個所として多かったのが、瓦屋根の棟の部分です。現在見て頂く写真はいずれも大棟、下り棟等、棟部分のものが多くなっております。

ee1b41cbcc13e8fbcecd90e83f2d81cb

大阪府北部地震の揺れで屋根の鬼瓦が落下したお宅からです。落ちたのは下り棟の先に設置されていた鬼瓦で、今回の現場で大きな被害があったのはこの部分のみでした。

地震の揺れで大棟の歪み

今回は熨斗瓦が7段もある立派な大棟の現場の様子です。地震の被害が大きくなかったのか、熨斗瓦がバラバラに崩れるような事態にはなっておりませんでした。ただ熨斗瓦の下の漆喰や土が流出しており、大棟自体も少々歪みが生じている状態です。こちらもそのま...........