港区。雨漏り調査。原因はパラペット笠木と壁際と瓦の取り合い部分。

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

港区にお住いの方から雨漏りの問合せを頂きました。

冬の寒さのなくなり、これからどんどん暖かくなる一方、

雨漏りの問合せも多くなります。

6月の梅雨に向けて雨漏りにしっかり対策を立てて備えようという方がおられます。

雨が降り急に雨漏りしたという方もおられる訳ですが、

以前から雨漏りしていることは知っていたが対策を立てずにそのままでにしておき、

いよいよ雨漏りが酷くなってきたので、問合せに至ったという方も多くおられます。

雨漏りを一度、発見した場合は放っておいても必ず良くなることはありません。

部屋内に雨漏りする雨量でなくても屋根裏や天井裏ではしっかり浸入していることがあります。

雨漏り様々な理由があります。

大きく分けても、屋根、外壁、防水、サッシ廻りなど。

それらの中でも更なる深い原因があります。

今回、調査した建物では築40年以上、木造二階建ての瓦屋根です。

屋根はパラペットでその奥に瓦屋根の切妻でした。

雨漏りは建物正面の壁際2階部分でした。

その上にはパラペットです。

パラペットがあるということは、屋根との取り合い部分があります。

その他の部屋は全く漏っていないのでその部分が疑わしいと思われます。

雨漏り箇所確認後、屋根に上り、調査を開始しました。

雨漏り
2階に上がらせて頂き雨漏りの確認をさせて頂きました。
かなり広範囲に雨染みが確認できました。
壁際の天井廻りの染みが一番濃く、
その部分から広がっていました。
雨漏り
床は洗面器が置かれ雨を受けている状態でした。
雨漏り
屋根に上がり雨漏りしている部屋の上がこの場所です。
パラペット部分の真下が雨染みが濃いい場所になります。
まず目に飛び込んできたのが笠木板金の捲れです。
雨漏り
片側の笠木が捲れてなくなっていました。
その天場のモルタルが見えてしまっていました。
大きな穴も確認できました。
この部分は笠木により覆われているのが一般的です。
ここから雨漏りしてる可能性は大いに考えられます。
雨漏り
それ以外でもまだ考えられる場所が確認できました。
これは雨押え板金というものです。
これを取り付けることで壁と瓦に雨水が浸入しないように
取り付けられます。
雨漏り
しかし、板金の立上りにコーキング処理がされていませんでした。ここは隙間があると雨水が浸入して雨漏りに繋がることがあります。
雨漏り
ここは雨押え板金と瓦の取り合いになります。
ここは隙間が出来てしまうのは当然なのですが、
雨押え板金の下にはもう一枚半端な瓦があります。
壁に当たる場所なので瓦屋根の下には捨て谷という板金を
造るのが一般的です。
壁から雨水が浸入しても雨が瓦の下の谷に流れ雨水を排出します。
雨漏り
写真では分りにくいですが、奥の下には木材が見えて捨て谷は確認できませんでした。
パラペットの木下地と野地板に隙間が生じて建物内部にも
浸入している可能性があります。
今回の雨漏りの原因はまず笠木の捲れによるモルタル天場からの雨水の浸入。
パラペット部分と屋根との取り合い部分の隙間があり雨押え板金の下の瓦から
壁際に流れる雨水にも雨漏りに繋がる原因がありました。
雨漏りを止める工事提案としましては、
笠木板金の交換工事、雨押え板金のカバー工事。
雨押え板金のカバー工事に付きましては、本来の正しい工事では壁際の瓦の下に谷板金を据え付けるのが
完璧な工事ではありますが、お客様と相談の上コストをできるだけかけずに雨漏りを止める方法をして
ご提案させて頂きました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

地震で崩れた大棟と熨斗瓦

吹田市の棟の崩れてしまった現場に伺いました。大阪北部の地震により被害を受けた個所として多かったのが、瓦屋根の棟の部分です。現在見て頂く写真はいずれも大棟、下り棟等、棟部分のものが多くなっております。

ee1b41cbcc13e8fbcecd90e83f2d81cb

大阪府北部地震の揺れで屋根の鬼瓦が落下したお宅からです。落ちたのは下り棟の先に設置されていた鬼瓦で、今回の現場で大きな被害があったのはこの部分のみでした。

地震の揺れで大棟の歪み

今回は熨斗瓦が7段もある立派な大棟の現場の様子です。地震の被害が大きくなかったのか、熨斗瓦がバラバラに崩れるような事態にはなっておりませんでした。ただ熨斗瓦の下の漆喰や土が流出しており、大棟自体も少々歪みが生じている状態です。こちらもそのま...........