堺市M様|ガルバリウム鋼板の立平葺き金属屋根のケラバに強風によるめくれ


マンション建物外観
▲1階が駐車場となっている3階建てマンションの外観です。

マンション金属屋根(ガルバリウム鋼板立平葺き)のケラバがめくれていました

本日は堺市にある築30年となるマンションオーナー様より金属屋根の調査依頼をいただき現場に伺いました。
マンションの上階には屋上がありそのまわりをぐるりとガルバリウム鋼板製の金属屋根が囲んでいます。
金属屋根は立平葺きでしたが、屋根に上がらせていただき見渡して目視調査させていただくとケラバ部分が台風の強風などで大きくめくられているのが見られました。
マンション屋上と金属屋根
■ケラバ部分の屋根材が大きくめくれています

屋根は緩やかな傾斜の「切妻屋根」で、広い面積を活かしソーラーパネルが設置されていました。

屋根の端や棟板金などは強風の影響を受けやすい箇所ですが、風の威力が強い、もしくは経年劣化や施工が悪いとめくれるだけでなく屋根材が飛ばされたりしてしまいます。

こちらの現場も多分に漏れずめくれや穴あきなどのような不具合が発生していました。

この度の大きな台風21号の被害のニュースなどでは、その飛ばされてしまった金属屋根の映像なども見られたかと思いますが、こんな鋭利なものが飛んできたとしたら甚大な被害を受けてしまいます。
劣化した金属屋根
劣化した金属屋根

めくれている部分に近寄って見てみます

ケラバのめくれた箇所に寄ってみると、ガルバリウム鋼板の下に敷かれた防水シートも劣化でボロボロになっており、更にその下の屋根材もむき出しになっている状態でした。
劣化した金属屋根
大きくめくれたケラバの金属屋根。
劣化した金属屋根
こちらは棟の板金部分です。ビス留めも取れてしまっています。
劣化した金属屋根
金属屋根の下の劣化した防水シートと、更にその下の屋根材です。
むき出しで雨ざらしの状態です。

棟の板金のジョイント部分もコーキング剤が経年劣化で効果が無くなっているようです。

粘り気もなくヒビが入っているのが見られます。
劣化した金属屋根
破れて穴のあいた金属屋根
劣化した金属屋根
強風で屋根材が歪んだことによる傷の発生か、飛来物によるものか、金属屋根表面に小さな傷や穴がいくつか見られました。
金属ということでサビが生じる心配もありますし、早急な処置が必要です。
劣化した金属製の雨樋

劣化した金属製の雨樋
金属製の雨樋も確認しましたが、やはり経年によるサビ等が発生し、またジョイント部の外れなども見られました。

現段階ではまだ雨漏りの被害は見られなかったのですが、この状態のままではいずれ雨水が浸水し雨漏りにつながってしまうでしょう。お客様には次の補修工事のご案内をさせていただきました。

この工事の現場ブログ

マンション建物外観

2018/12/06/ 堺市M様|ガルバリウム鋼板の立平葺き金属屋根のケラバに強風によるめくれ

▲1階が駐車場となっている3階建てマンションの外観です。|マンション金属屋根(ガルバリウム鋼板立平葺き)のケラバがめくれていました本日は堺市にある築30年となるマンションオーナー様より金属屋根の調査依頼をいただき現場に伺いました。マンション...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪府堺市|屋根葺き替え・漆喰詰め直し・防水工事の施工後写真です

劣化した瓦屋根
立平葺き
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム立平
築年数
約30年
建坪
10㎡
保証
葺き替え工事:5年間 防水工事:5年間 漆喰詰め直し:1年間
工事費用
約840,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。