豊中市。鬼瓦廻りコーキング補修工事。


豊中市の戸建てを持つお客様からお問合せを頂きました。

「少し鬼瓦が傾いている気がするので一度、点検に来てほしい」とのことです。

鬼瓦が落ちたとか落ちそうとかいう問合せは少なくなりません。

実際に鬼瓦の留める施工を知れば、落ちそうな理由はさらにわかります。

もちろん新築では鬼瓦がすぐに落ちるということはありませんが、

築年数が経てば、建年によって建物は古くなってきます。

屋根を守る屋根材は日光や雨風、紫外線など屋根の経年にも大きく影響してしまいます。

施工上の雨仕舞などは様々な工夫が施されていますが、

屋根でもメンテナンスが必要になってきます。

今回は鬼瓦の傾きの現場調査をご紹介します。
鬼廻り補修
屋根の上に問合せがあった鬼瓦の点検をしました。
結論からいうと鬼瓦は大きく傾いていることはありませんで鬼瓦は和式建築物の棟の端に設置し厄除けと装飾を目的としていますので、鬼を設置する時にやや傾けて下から見た時に
鬼が睨んでいるように見せる瓦職人もいます。
鬼廻り補修
鬼瓦は棟の端に設置しているしているので棟と鬼瓦との取り合いができます。
この取り合いの部分には漆喰を塗ります。
この理由は棟の中には土が入っています。
この土が濡れてしまうと棟が崩れる原因になります。
鬼廻り補修
鬼瓦の廻りの漆喰が捲れてなくなっています。
この隙間は雨水が浸入してしまいます。
鬼が瓦は銅線で結ばれてその銅線は棟木に打ち付けられます。
鬼廻り補修
鬼瓦のこの部分に雨が入らないようにするには大きく分けれと2パターンになります。
本来の工事はこの部分にもう一度漆喰を付けます。
もう一つはコーキングを使用して仕舞することもあります。

鬼廻り補修
今回はコーキング補修工事で終了しました。
最近ではコーキングした後に漆喰を付けるという
方法があります。
逆にコーキングだけで終わらせる工事もあります。
漆喰は見栄えは良く見えますがコーキング作業の方が
簡単で費用も安く済みます。

鬼廻り補修
鬼瓦まわりはすべて既存鬼廻りの漆喰を撤去してコーキング処理させて頂きました。

この工事の現場ブログ

鬼廻り補修

2018/01/24/ 豊中市。鬼瓦廻りコーキング補修工事。

豊中市の戸建てを持つお客様からお問合せを頂きました。「少し鬼瓦が傾いている気がするので一度、点検に来てほしい」とのことです。鬼瓦が落ちたとか落ちそうとかいう問合せは少なくなりません。実際に鬼瓦の留める施工を知れば、落ちそうな理由はさらにわか...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

豊中市|スレート屋根からスーパーガルテクト(アイジー工業)に葺き替えました!

屋根葺き替え工事 スレート屋根
屋根葺き替え工事 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト(アイジー工業)
築年数
30年前後
建坪
21坪
保証
屋根葺き替え工事7年保証
工事費用
190万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。