東淀川区O様邸|屋上の笠木板金・屋根板金の剥がれや劣化、経年劣化を現地調査です。


劣化し外れた金属屋根
本日は吹田市東淀川区にてご依頼をいただき現地調査に伺いました。
屋上に通していただき、経年で劣化が見られるという笠木板金と金属屋根を見させていただきます。

建物屋上に行ってみました

この度の現場は屋上のある金属屋根の集合住宅です。屋根の形状は一見スレート材のように見えましたが実際は金属製のものでした。
屋上への出入り口
屋上に上がるにはこのような梯子式の出入り口を使用しました。

実際屋上に行くと分かるのですが、塀の高さがあまり高くなく簡単に人が出入りできると危険なためでしょう。

その屋上の塀の金属製の笠木板金もチェック開始いたします。
劣化の見られる屋上金属板
劣化の見られる屋上金属板
劣化の見られる屋上金属板金
劣化し亀裂の入った金属製の笠木板金
笠木板金という部位は劣化が進みやすい場所で、特別なことがない場合でも損傷はどうしてもおこってしまいます。また笠木板金に限らずどの素材どの場所でも「ジョイント部」というところはいたみが最初に発生してしまうところです。我々もはじめにこのジョイント部=つなぎ目をチェックいたしました。やはり亀裂がいくつか見られ、ジョイント部をつなぐコーキング剤の劣化も確認されました。

経年劣化で割れた建物
劣化した金属屋根
別の場所も目視調査いたします。コンクリート材の劣化からの割れ、はがれ、そして金属屋根材のズレの発生などが見られました。
劣化し外れた金属屋根
劣化し外れた金属屋根
劣化し外れた金属屋根
そして調査依頼のあった金属屋根の剥がれを見てみます。
相当な数の屋根材が無くなっています。写真で見て分かるように引っかけるビスのようなものがあり、そこに金属屋根材を固定する形状のようです。

これだけの枚数の屋根材が剥がれて落下しているとすれば美観的なことはもちろん、安全面から見ても相当危険であることは間違いありません。
かろうじて屋根に残っている屋根材もあるところは大きくめくれていたりと、いつまた落下が起こるかわからない状態です。
早急な修理を検討されるようお客様にご提案させていただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

東淀川区屋上防水工事!機械的固定工法

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

東淀川区の強風で飛び散った棟瓦を『棟積み替え工事』で修理します。

崩れ始めている熨斗瓦
強化棟(防災棟)の施工完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟(下地なんばん)
築年数
築30年
建坪
約9m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約35万円
施工事例

東淀川区|雨漏りの発生。屋上の塩ビシート防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ2.0(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

フルベスト24葺き屋根 養生の様子

豊中市 フルベスト24葺き屋根の捲れを調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんにちは、街の屋根やさん吹田店の松本和也です。先日7月9日に屋根調査に伺ったお住まいなのですが、2018年9月の台風から今迄、屋根調査すらど...........

鬼瓦落下

大阪市東淀川区で鬼瓦が落下して、下屋根の地瓦が割れてしまっているとお問合せを頂きました。年間でも鬼瓦が落ちたという問合せは少なくありません。台風などの強風により落下することもあれば、地震などの影響により落下することもあります。鬼瓦の大きさは...........

ガルバリウム鋼板屋根飛散

本日は築年数が10年未満と新しいお宅の風災被害の模様をご紹介させて頂きます。お客様からお電話を頂いた際に被害状況をヒアリングさせて頂いている際になぜ???築年数が6年くらいの板金屋根が・・・早速3階建ての屋根に上らせて頂き調査を開始しました...........