吹田市 横暖ルーフ金属屋根材 アスファルトシングルをカバー工法で金属屋根へ


「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」
との問合せを頂き即日訪問しました。

去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。
早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル”と呼ばれる屋根材が落下していたのです。


今回は屋根材・横暖ルーフについて説明していきます。

 


横暖ルーフ
最近の屋根材使用状況ですが、瓦が最も多く次がコロニアル(スレート)で両方合わせて70%を超えています。
特に新築は圧倒的にコロニアル(スレート)となっています。
しかしリフォーム市場はガルバリウム鋼板が最も多く評価が高い事がうかがえます。
このような事情から屋根材製造メーカーが大きく方向転換をおこなっています。
瓦やコロニアル(スレート)製造メーカーが金属屋根を研究開発販売をするようになりました。

現在、金属屋根で最も多く使用されているのが”ガルバリウム鋼板”という合金になります。
ガルバリウムとは「アルミニウム」「亜鉛」「シリコン」の3つを組合せたものです。
このガルバリウムでメッキした合金をガルバリウム鋼板といいます。
JIS規格上のガルバリウム鋼板の正式名称は「55%アルミ・亜鉛合金めっき鋼板」です。

メッキとは金属製の膜(まく)のことです。

電気や熱の力を用いて鉄にメッキ層を作ることができます。
メッキによって鉄は保護されます。
一方、樹脂の成分で覆うことを「塗装」、つまり「ペンキ」といいます。
ガルバリウム鋼板の仕上げ面(表面)はメッキの上にペンキで色付けされています。

そして、ガルバリウム鋼板の裏面は、断熱効果や遮音効果を高めるために断熱材やアルミ箔が敷かれていることが多いです。

横暖ルーフ
ニチハ㈱ 横暖ルーフの特徴

超高耐久】
フッ素コートに合わせて、断熱合板と断熱材を兼ね備える高耐久ガルバリウム鋼板を使用しています。
メーカー穴あき保証は25年ついています。

【意匠性】
ニチハ㈱の優れた成形技術により質感・立体感ともに申し分な仕上がりです。
カラーバリエーションも豊富です。

【基本性能の充実】
重量は粘土瓦の1/10コロニアル(スレート)の1/4程度と非常に軽量です。建物躯体の負担軽減となります。






横暖ルーフ
断熱材を追加しているので遮音性能・防火性能・防水性能にも優れています。
また加工性にも優れていて工期短縮に貢献します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-5

台風被害に便乗した詐欺にご注意を

雨染み箇所

本日は西成区の雨漏り調査にお邪魔しました。千葉県の屋根被害も尋常ではありませんが、大阪も昨年の台風被害がまだたくさん残っています。我々屋根屋としましては心苦しいばかりですが1日でも早く復興できるよう頑張ります!!本題に入りますが修理したのに...........

雨漏れ大屋根

2019年9月に千葉県を襲った台風15号。甚大な被害が連日報道されています。多くの屋根が飛散し、ブルーシート養生を行っている様子がマスコミで連日報道されています。あれだけの被害ですから、当然屋根業者の手配も追い付かず、ブルーシートでの養生を...........