オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

吹田市 屋根の棟板金が飛散 プロが無料で調査お見積りします


※2021年1月29日 記事更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

「台風で屋根が飛ばされた。吹田市で信頼できる屋根修理業者を探している」

「他社に屋根修理の見積もりを立ててもらったが高すぎる気がする…」

吹田市で屋根修理業者をお探しですか?

今回は、弊社が吹田市でおこなった無料屋根調査をご紹介します。

ぜひ、吹田市での屋根修理業者探しのご参考にされてください!

吹田市 屋根の棟板金が飛散 プロが無料で調査お見積りします!

地域
吹田市
きっかけ
台風被害による屋根板金飛散
ご依頼
無料屋根調査・お見積り
IMG_9555-columns1
台風21号の被害により、棟板金が飛んで行ってしまったので点検してほしいというご依頼を頂きました。

もともと、他の屋根工事会社様にご依頼をされていたとの事ですが、最終的に音信不通になってしまったとの事で、改めて弊社にご連絡をいただきました。


「工事出来るのだいぶ先ですよね?」


お客様はとても心配されていました。

確かに、大阪府内はどの板金工事屋さんもお忙しいですし、なかなか職人を手配するのが厳しいのが現状です。

「そうですね。1ヶ月くらいは待ってもらわないといけないかもしれないです。」

とお答えしたのですが、

「そんなに早く工事をしていただけるのであれば直ぐにでもお願いしたい。」

と言っていただけました。

(まだ見積もりを出す前なのに……)

 関連ページ 

IMG_9558-columns1
写真でご覧いただいても解るかと思いますが、屋根のスレート部分もかなり劣化が進んでいます。

「この機会に屋根の葺き替えも検討されたらいかがですか?」

とお伝えしたのですが、既に定年退職されており、将来的にはマンションへ引っ越すことも考えているとの事でしたので、それ以上、無理にはお勧めいたしませんでした。

IMG_9557-columns1
スレート屋根がここまで劣化してくると雨漏りの原因になったりしますので本当は放っておいてはいけないレベルです。

「もし、少しでも雨漏りがしたら直ぐにお声がけしてくださいね」

とだけお伝えして後日お見積りを持参させていただきました。


お客様はかなり高いんだと思っていたようで、提示した見積もりをご覧になられて、安すぎてびっくりしたとおしゃっていただけました。


決してこちらは安くご提示したつもりはなかったのですが、以前、他社で取られた見積もりの半額位の金額だったようです。


我々は飛込業者ではありませんし、地元に根付いてお仕事をさせていただいております。

常に適正価格を意識して屋根修理のお見積りをさせていただいています。

そして、お客様は火災保険に未加入でした。

「本当に助かります。」

と心から喜んでいただけました。

喜んでいただけたのは嬉しいですが、こちらとしては、まだ工事が終わっていない段階です。

本当に喜んでいただけるのはこれからだと、気を引き締めていかないとダメだなと思った次第です。

どんな軽微な工事でも、弊社では承っておりますので、どうかお気軽にお問い合わせください。

 関連ページ 

吹田市で無料屋根調査、お見積りなら「街の屋根やさん大阪吹田店」

街の屋根やさん大阪吹田店・杉本匡志
吹田市で屋根修繕・修理業者をお探しでしたら私どもにおまかせください!

弊社は吹田市を拠点とした屋根修理業者です。吹田市でしたら最短30分で駆けつけられます。

屋根の不具合はちょっとしたものであっても、雨漏りを引き起こす可能性が高いです。

雨漏りによる水分は建物の寿命を縮める原因となりうるため、早目の修繕が望まれます。

お見積りまででも構いません!

街の屋根屋さん大阪吹田店では、いつでも無料で「屋根調査・お見積り」を承っております。

もちろん、お見積りまででも構いません!

「これは費用が高額になりそうだな…」という場合でも、無料調査の結果、想像していたよりも深刻な状態ではなかった、というケースもあります。


どうか被害状況だけ見て慌てないでください!


まずは、お気軽にプロの屋根修繕「街の屋根やさん大阪吹田店」へご相談くださいませ。

 関連動画 
「お問い合わせからご契約~工事完了までのステップについてご紹介!」はこちら

 関連ページ 
「お客様に聞いた!わたしが街の屋根屋さんを選んだ理由」はこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ケラバ板金

茨木市にお住まいのM様邸のケラバ板金取付工事が着工しました。工事のキッカケは蔵の屋根が瓦屋根なのですがケラバ(袖)部分は漆喰とセメントで施工されていました。その部分が経年劣化により、ボロボロと割れ落下してくるという問合せと頂いたことがキッカ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41