吹田市 棟板金が飛んで行った。現場調査に伺いました。


IMG_9555-columns1-overlay
台風21号の被害により、棟板金が飛んで行ってしまったので点検してほしいというご依頼を頂きました。

もともと、他の屋根工事会社様にご依頼をされていたとの事ですが、最終的に音信不通になってしまったとの事で、改めて弊社にご連絡をいただきました。


「工事出来るのだいぶ先ですよね?」


お客様はとても心配されていました。

確かに、大阪府内はどの板金工事屋さんもお忙しいですし、なかなか職人を手配するのが厳しいのが現状です。

「そうですね。1ヶ月くらいは待ってもらわないといけないかもしれないです。」

とお答えしたのですが、

「そんなに早く工事をしていただけるのであれば直ぐにでもお願いしたい。」

と言っていただけました。

(まだ見積もりを出す前なのに……)
IMG_9558-columns1-overlay
写真でご覧いただいても解るかと思いますが、屋根のスレート部分もかなり劣化が進んでおり

「この機会に屋根の葺き替えも検討されたらいかがですか?」

とお伝えしたのですが、既に定年退職されており、将来的にはマンションへ引っ越すことも考えているとの事でしたので、それ以上、無理にはお勧めいたしませんでした。



IMG_9557-columns1-overlay
スレート屋根がここまで劣化してくると雨漏りの原因になったりしますので本当は放っておいてはいけないレベルです。

「もし、少しでも雨漏りがしたら直ぐにお声がけしてくださいね」

とだけお伝えして後日お見積りを持参させていただきました。


お客様はかなり高いんだと思っていたようで、
提示した見積もりをご覧になられて、安すぎてびっくりしたとおしゃっていただけました。


決してこちらは安くご提示したつもりはなかったのですが、以前、他社で取られた見積もりの半額位の金額だったようです。


我々は飛込業者ではありませんし、
地元に根付いてお仕事をさせていただいておりますので、
常に適正価格を意識して仕事をさせていただいております。

このお客様は火災保険に未加入だったため、
本当に助かります。

と心から喜んでいただけました。

喜んでいただけたのは嬉しいですが、
こちらとしては、まだ工事が終わっていない段階ですので、本当に喜んでいただけるのはこれからだと気を引き締めていかないとダメだなと思った次第です。

どんな軽微な工事でも、弊社では承っておりますので、
どうかお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ケラバ板金

茨木市にお住まいのM様邸のケラバ板金取付工事が着工しました。工事のキッカケは蔵の屋根が瓦屋根なのですがケラバ(袖)部分は漆喰とセメントで施工されていました。その部分が経年劣化により、ボロボロと割れ落下してくるという問合せと頂いたことがキッカ...........