大阪市東淀川区から庇屋根板金取付を報告します。


庇屋根
「庇屋根の板金重なり部分が外れていて雨漏りします。自分で応急処置しましたが上手くいかず養生しています。格好悪いので直して欲しい。」との事で早速調査に伺いました。
庇屋根とは簡単に説明してしまうと”日よけ雨よけの単純な小さな窓上にある屋根”となります。
簡単な構造物ですが、軒と同じで夏冬の太陽の位置を計算して設置されているので、
建物外周を厳しい環境から保護していたり、
室内を快適な温度に保つための働きをしているんです。
最近は取り付けない(新築時のコストが主な理由です。)住宅が増えています。
今回修繕する庇屋根は窓はないのですが、施主様宅の一番目に留まる部分に設置されています。
庇屋根がなければ、こちらの下部分の壁は二階バルコニーからの雨水が直接流れて直ぐに苔や水垢などで
黒ずんでしまい外観を損ねてしまいます。そうなってしまうのは残念ですので早期着工しました。
庇板金
施主様が御自分でされた養生です。
気象被害で庇屋根が風雨に侵食されないよう丁寧かつ頑丈にされていました。御自宅を大変大事にされているのですね。
庇板金
養生を外してみるとアルミ製板金でした。
板金と板金の接合面が剥離してきて屋根下の躯体へ雨水が浸透していってたそうです。それらを防ぐために施主様がシリコンではなく工作用パテを使用して補修したそうです。
庇板金
施主様の使用しました工作用パテは固まらない製品でベトベトした状態でした。水滴の浸透は一時的に防ぐ事はできますが、固まっていないため板金同士が不安定で強風でズレてしまう可能性がありました。施主様は自宅にあった道具や材料で少しでも劣化防止の努力をされていました。早期着工できて本当に良かったです。
庇板金
板金同士の接合部分はビス止めしても必ず若干の隙間が生じます。その隙間から雨水等が侵入するのを防ぐため伸縮する材料で埋めます。この隙間を充填する材料や作業をコーキング(シーリング)といいます。
パテは隙間を埋めることでは同じですが伸縮しませんので季節の温度差に対応出来なく接合面の剥離原因となってしまいます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-5

台風被害に便乗した詐欺にご注意を

雨染み箇所

本日は西成区の雨漏り調査にお邪魔しました。千葉県の屋根被害も尋常ではありませんが、大阪も昨年の台風被害がまだたくさん残っています。我々屋根屋としましては心苦しいばかりですが1日でも早く復興できるよう頑張ります!!本題に入りますが修理したのに...........

雨漏れ大屋根

2019年9月に千葉県を襲った台風15号。甚大な被害が連日報道されています。多くの屋根が飛散し、ブルーシート養生を行っている様子がマスコミで連日報道されています。あれだけの被害ですから、当然屋根業者の手配も追い付かず、ブルーシートでの養生を...........