雨漏り調査依頼が高槻市よりありました。


「台風のあと1階・2階ともに雨漏れが酷く調査して下さい。」
との問合せを頂き即日訪問しました。

去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後は何処も取り合ってもらえず諦めていたところ、弊社サイトを御覧になりダメ元で問合せたそうです。即日訪問すると感激して頂きました。
広い敷地に何回か増築した施主様宅でした。雨漏れの酷い瓦屋根2階建て部分では生活していないそうです。こちらは築80年経過していました。隣接する増築したカラーベスト屋根住居は雨漏れはしていませんが、築30年以上経過しているとの事でした。
施主様に調査報告いたしますと全屋根を葺き替え工事する事になりました。

調査詳細を報告いたします。
雨漏れ大屋根
大屋根から調査開始です。
本棟部分に大きなブルーシート養生がありました。土嚢からは砂が漏れてしまい重しの役目をしていませんでした。ブルーシートを捲って中を診ると熨斗瓦・冠瓦ともに5メートル以上完全崩壊していました。
雨漏れ大屋根
本棟崩壊部分の葺き土も殆ど流失してしまい、半分以上の熨斗瓦・冠瓦が落下していました。このあとブルーシートを新品交換し土嚢袋もUVカットするものに刷新して、養生し直しました。これだけ棟が崩壊していては防水機能を果たす事は出来ない状況です。
雨漏れ大屋根

桟瓦を診てみましょう。瓦は多少水分を内部に浸透させます。あまりにも気温が下がると瓦内部に浸透した水分が凍り体積が膨張します。それによって瓦が割れてしまうことがあるのです。しかしこの状態は瓦の製造過程や焼き方、気象条件など様々な要因が合わさって起きることです。個体差が非常に多いのが瓦です。

雨漏れ下屋根
下屋根部分です。地震によるズレ・割れ・ヒビが多数観られます。
雨漏れ下屋根
歩くと割れてしまうほど劣化した瓦が多数ありました。
雨漏れ下屋根
施主様宅は窪地にあり湿気が多い割に日当たりもよいとういう住宅には過酷な環境でした。
雨漏れスレート
カラーベスト部分も劣化が激しいです。色あせによる機能(雨漏れ)低下には諸説ありますが、これは美観のみの問題で(耐用年数を大幅に超えた場合を除く)色あせによる屋根材機能低下は、ありません。
雨漏れスレート
塗膜剥離・苔繁殖が顕著です。カラーベストを新築で使用した場合の保証期間は下記のようになっています。
①室内の雨水侵入保証 10年
②色感の著しい変化保証 2年
色あせ保証が2年のみです。
コロニアルクアッドが色あせするのを前提に製造しているかのようです。
雨漏れスレート
他の棟板金部分も退色し錆に覆われてしまっています。釘抜けも顕著です。
最近8年ほど前位からは板金もガルバリウム鋼板を使用するのが殆どですが、30年以上前の施工なので、現在とは成分の異なる合金となっています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨染み

雨染み箇所に案内して頂きました。確かに雨漏りしている様子がうかがえます。

まず初めに昨年の北部地震、台風21号の影響でお客様には工事をお待たせし、大変ご迷惑をお掛けしました。未だ終えていない現場もある中、心苦しいのですが年末年始の営業のお知らせをさせていただきます。年末年始の営業時間12月28日から1月10日まで...........

スレート屋根

そもそもスレート屋根とはどんな屋根なのでしょうか?よくお問い合わせでもコロニアル?カラーベスト?スレート?などと呼び名にばらつきがあるのですが全て平型スレートセメント瓦の事です!コロニアルクアッドとはケイミュー製品の称号です。屋根屋さんであ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41