豊中市 より板金交換工事の模様をお伝えします!


豊中市から切妻タイプのお宅から屋根の棟板金交換工事の模様です。無残にも貫板までもが台風により飛んでいってしまったとのご依頼を頂きましたので早速ご紹介いたします。
スレート屋根クラック(裂け目)
屋根の種類からスレートという屋根が使われいるお宅です。

台風の被害で棟板金、貫板が飛ばされその弾みで、スレート屋根材が割れてしまったのでしょう。

このままではいつ落下してもおかしくありません。


棟板(貫板)
早速スレート屋根に貫板を釘で打ち付けていきます。

板金を被せる上で需要な役割ともいえる貫板です。

因みに貫板は幅9cm厚み1.5cmです。

それでは、貫板に棟板金を被せていきます。
棟板金取り付け
棟板金を施工する際は、その貫板に棟板金を被せ、横から下地の木にビスで打ち付けます。

つまり厚さ15ミリの貫板を狙って、棟板金で見えない状態で横から、釘で打ち込んでいますので、
少しでも打ち込む角度や、高さを間違えれば、貫板に効かなくなり、釘が抜けやすくなります。

鈑金と鈑金の繋ぎ目には、雨水が入り込まないように、コーキングを施しております。

鈑金と鈑金がかぶさっている幅は約6センチありますので少々の吹き降り雨でも大丈夫です!
板金設置
職人による丁寧かつ綺麗にかぶせられています。

ケラバの鈑金も抑える役割がありますので重要な部分です。


板金設置
巴包は職人の手により加工し、取り付けられています。
棟板金交換工事完了
台風により、悲惨してしまった棟板金、スレート屋根も綺麗に取り付けられました。


約4メートルの棟板金の交換工事は無事に終了しました。

鈑金の釘止は約30センチピッチで貫板にきかせていますので少々の風では

飛ばされる心配はありません。

まだまだ北摂地域には地震台風被害がたくさんあります。

1日でも速く復興できるようにがんばります!!

この工事の現場ブログ

スレート屋根クラック(裂け目)

2019/02/03/ 豊中市 より板金交換工事の模様をお伝えします!

豊中市から切妻タイプのお宅から屋根の棟板金交換工事の模様です。無残にも貫板までもが台風により飛んでいってしまったとのご依頼を頂きましたので早速ご紹介いたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市都島区の棟板金交換|飛散した棟板金を交換工事しました。

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバニウム鋼板)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円
施工事例

北区。笠木板金工事の施工事例ご紹介します。

笠木板金工事前
笠木カバー工事
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
27年
建坪
30坪
保証
3年
工事費用
約5万円
施工事例

東住吉区|スレート屋根の割れ補修・棟板金交換工事

板金交換
棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板の棟板金
築年数
17年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金交換

寝屋川市より棟板金とスレート屋根の交換工事をさせていただきました。棟板金が捲れて貫板までもが見えています。そこに屋根材のスレートまでもが捲れていました。

棟板金

吹田市から既存の貫板、棟板金交換工事の模様をご紹介させていただきます。昨年の台風21号の影響でとてもお問い合わせが多い棟板金交換工事です。お宅にあった棟板金交換工事をさせていただきました。

棟下地の完成

摂津市 台風によって飛んでしまった棟板金を新しく取り付ける様子を本日現場ブログでご紹介いたします。摂津市にて棟板金が無残に飛んでる状態でしたので、新しい板金を使い棟板金の受け木の貫板という下地も新しく交換して取り付けていく様子です。下地は前...........