オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市淀川区で棟板金交換工事!屋根工事依頼の多い棟板金とは?


※2020年10月15日更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

台風の多い季節となってきました。

台風の季節になると、台風対策としてお住まいの補修や屋根工事依頼のお問い合わせが増え、また通過後は屋根やベランダなどの被害によるお問い合わせが重なります。

今回は大阪市淀川区にお住まいの方から、台風で飛ばされた屋根の棟板金交換工事のご依頼がありました。

台風が通過した後に多くのお問い合わせをいただく屋根工事が、棟板金についてです。

 関連ページ 

大阪市淀川区×屋根工事!棟板金交換工事とは?

棟板金交換工事とは、屋根頂上の屋根面が合わさる部分に被せてある金属製の板金を交換する工事です。

台風や強風が通過したあとは、

「棟板金が落下してきた」
「棟板金が飛散してしまった」
「棟板金がめくれてしまった」
「棟板金が変形して隙間が出来てしまった」

という被害のお問い合わせが多く寄せられます。

棟板金が強風被害に遭う原因のほとんどが、棟板金の下地である木材(貫板とよばれます)が経年劣化して腐食しているためです。

貫板が腐食してしまうと、どうしても留めているクギやビスの固定力が弱まり、風の力に負けてしまいます。

棟板金がズレて少しでも隙間が出来てしまうと、台風だけでなくその後の雨漏り被害にも発展します。

災害後に棟板金の異常に気づいたら早めに、出来ればいざという時慌てないためにも定期的な屋根点検を心掛けておくと安心です。

 関連ページ 

大阪市淀川区にて棟板金交換工事① スレート材差し替え

棟板金交換工事 スレート差し替え
まず棟板金を被せる前に飛散したスレートを差し替えていきます。

既存の屋根は塗装されているため、塗装前の黒色で対応させていただきました。

棟板金付近の交換ですので、比較的短時間で張り替える事ができました。

大阪市淀川区にて棟板金交換工事② 貫板の設置

棟板金交換工事 貫板
スレートを差し替え、棟板金を被せる前に貫板を設置していきます。

棟板金交換工事は、ただ板金を交換するわけではなく貫板から新しいものにしておきます。

貫板を設置する際は、きりでスレートまで下穴を開けてから、既存の木下地までビスをきかせることが重要です。

なぜ下穴を開けるかというと、ビスでスレートを割ってしまうといけないからです。

大阪市淀川区にて棟板金交換工事③ 棟板金の設置

棟板金交換工事 板金設置
いよいよ新しい棟板金を被せていきます。

今回使用している棟板金は、ガルバリウム鋼板0.35ミリのものです。

ガルバリウム鋼板とは、板状の鉄にアルミニウムと亜鉛とシリコンの合金をめっきしたものです。

鉄などの錆びやすい金属を錆びにくいアルミや亜鉛でめっきすることで、空気に直接触れることがなくなり酸化しにくく、錆びにくくなって耐用年数が長くなります。

 関連ページ 

大阪市淀川区にて棟板金交換工事④ コーキング

棟板金交換工事 水切り
棟板金どうしの継ぎ目には、このようにコーキングを施し、雨水が入り込まないようにしていきます。

 関連ページ 

大阪市淀川区にて棟板金交換工事⑤ 棟板金のビス留め

ビス止め
棟板金を被せた後、貫板にめがけてしっかりとビス止めしていきます。

施工法によっては、ステンレス釘やスクリュー釘を使用することもあります。
板金ビス止め
すべての棟板金をしっかりとビスで固定することができました。

大阪市淀川区にて棟板金交換工事⑥ 巴包の加工・設置

棟板金交換工事 円包のおさめ大阪市淀川区 棟板金交換工事 円包のおさめ
棟板金の巴包部分は、職人の手で加工していき取り付けられています。

ビスは一切使わずケラバの板金に織り込んでいます。

余談ではありますが、板金職人の中では板金で鶴を折る人もいるそうです(笑)


大阪市淀川区にて棟板金交換工事完了

棟板金交換完了
屋根のプロと板金職人の手により、棟板金交換工事が完成いたしました!

これで今後の雨漏りの心配もなく、災害時にも安心です。

ご依頼いただきましたお客様にも喜んでいただけました!

 関連ブログ 

大阪市淀川区で棟板金交換工事なら「街の屋根やさん大阪吹田店へ」

街の屋根やさん大阪吹田 宮崎徹
屋根の中でも最も台風や強風の影響を受けやすいのが棟板金。

その耐用年数(寿命)はおよそ10年~15年ほどです。

棟板金の剥がれや捲れ(めくれ)などの異常をそのまま放置した場合、雨漏りなどの二次被害へと繋がっていきます。

雨漏りが発生してからの屋根工事となると、被害は屋根下地や屋根裏、天井にまで及んでいることが多く、棟板金交換工事だけでは済まなくなります。

そのためにも、棟板金の定期的な点検とメンテナンスはお住まい全体にとっても大切なことです。

お住まいの築後10年~15年の時期は、棟板金のメンテナンスとして点検やその下地材である貫板の交換を検討してみましょう。

「街の屋根やさん大阪吹田店」では、点検時・施工前・施工中・施工後も安心してお過ごしいただけるよう5つの取り組みを行っています。

大阪市淀川区で屋根に関するトラブル(棟板金の飛散・雨漏り・経年劣化など)にお悩みでしたら、ぜひ私ども「街の屋根屋さん大阪吹田店」の無料点検&お見積りをお気軽にご利用ください。

強引な勧誘や不要な工事は一切行っておりません。

私どもは、お客様に「ありがとう」と言っていただける会社であることを何よりも一番に目指しています。

分からないことやご不安なことがございましたら何でもお気軽にご相談くださいね。

 関連ページ 

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市 棟板金交換工事!飛散した棟板金を修理いたします

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板製)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円
施工事例

北区。笠木板金工事の施工事例ご紹介します。

笠木板金工事前
笠木カバー工事
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
27年
建坪
30坪
保証
3年
工事費用
約5万円
施工事例

東住吉区|スレート屋根の割れ補修・棟板金交換工事

板金交換
棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板の棟板金
築年数
17年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金

枚方市にお住いの方からお問い合わせを頂き、強風により棟板金の一部が飛散してしまい、棟板金の交換を施工することになりました。合わせてトップライト2箇所をカバー工事により塞いでしまうという工事も施工いたしました。トップライトは新築時に部屋が明る...........

玄関壁雨染み

本日は以前からお世話になっています、吹田市のお客様の谷板金工事の模様をご紹介させて頂きます。

ガルバリウム鋼板屋根飛散

本日は築年数が10年未満と新しいお宅の風災被害の模様をご紹介させて頂きます。お客様からお電話を頂いた際に被害状況をヒアリングさせて頂いている際になぜ???築年数が6年くらいの板金屋根が・・・早速3階建ての屋根に上らせて頂き調査を開始しました...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41