淀川区より棟板金交換工事


淀川区より棟板金交換工事のお問い合わせを頂きましたので
紹介させていただきます。
飛散した理由は、昨年の台風により棟板金とスレートが
吹き飛ばされたことでした。

スレート差し替え
まず板金を被せる前にスレートを差し替えていきます。

既存の屋根は塗装されているため、
塗装前の黒色で対応させていただきました。
棟付近の交換ですので、
比較的短時間で張り替える事ができました。
貫板
スレートを差し替え、板金を被せる前に貫板を設置していきます。棟板金交換工事は、ただ板金を交換するわけではなく貫板から新しいものにすることを言います。

貫板を設置する際は、きりでスレートまで下穴を開け
既存の木下地までビスをきかせることが
重要です。
なぜ下穴を開けるかといいますと、
ビスでスレートを割ってしまうといけないからです。
棟板金
板金を被せていきます。
使用している板金は、ガルバリウム鋼板0.35ミリを使用しています。

水切り
板金の継ぎ目には、コーキングを施し、雨水が入り込まないようにしていきます。

ビス止め
板金を被せた後貫板にめがけてしっかりとビス止めしていきます。
施工法によっては、ステンレス釘やスクリュー釘を使用することもあります。

板金ビス止め
しっかりとビスで固定することができました。
棟板金のおさめ
巴包は職人の手で加工していき取り付けられています。
ビスは一切使わずケラバの板金に織り込んでいます。
余談ではありますが、板金職人の中では板金で鶴を折る人もいるそうです。
棟板金交換完了
職人の手により完成いたしました。
これで雨漏りの心配もなくお客様に安心していただけました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市都島区の棟板金交換|飛散した棟板金を交換工事しました。

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバニウム鋼板)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円
施工事例

北区。笠木板金工事の施工事例ご紹介します。

笠木板金工事前
笠木カバー工事
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
27年
建坪
30坪
保証
3年
工事費用
約5万円
施工事例

東住吉区|スレート屋根の割れ補修・棟板金交換工事

板金交換
棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板の棟板金
築年数
17年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玄関壁雨染み

本日は以前からお世話になっています、吹田市のお客様の谷板金工事の模様をご紹介させて頂きます。

ガルバリウム鋼板屋根飛散

本日は築年数が10年未満と新しいお宅の風災被害の模様をご紹介させて頂きます。お客様からお電話を頂いた際に被害状況をヒアリングさせて頂いている際になぜ???築年数が6年くらいの板金屋根が・・・早速3階建ての屋根に上らせて頂き調査を開始しました...........

棟解体

吹田市の棟の積み替え(防災棟)が本日、着工しました。4月ももう中旬、この間まで冬で寒かった季節が、あっという間に春の暖かい季節になってきました。最近までは桜も満開で今、丁度桜が散ってきているという状況です。これから、ゴールデンウイークを迎え...........