オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

池田市 雨漏り点検!プロが原因調査と修理をおこないます


※2020年7月8日更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

この時期、急な豪雨や長時間にかけて雨が降り続くという日が多いですね。

そのため、この時期は「無料雨漏り点検」のご依頼を多くいただきます。

先日、大阪北部に位置する大阪府池田市にお住まいの方から雨漏り点検のご依頼をいただきました。

「2階の窓サッシ上あたりから雨漏りしている‥修理できますか?」

くわしくお伺いしたところ、築16年でまだまだ築浅です。

2階建で、瓦屋根と陸屋根(ろくやね・りくやね)のある造りということでした。

雨のたびに雨漏りするわけではなく、過去16年で10回ほど雨漏りしたようです。

およそ2年に1度起こる雨漏りの原因とは一体何なのでしょうか?

今回の街の屋根やさん大阪吹田店・現場ブログでは、大阪府池田市でおこなった「無料雨漏り点検」と「雨漏り修理」の模様をくわしくご紹介いたします!

 関連ページ 



池田市で雨漏り点検をおこないます

お客様がお住まいの大阪府池田市へは、街の屋根やさん大阪吹田店・事務所のある江坂駅前から車で約30分ほどで到着します。

今回はご主人様と奥様が立ち会える日をご希望されていたため、日を改めてご訪問させていただきました。

池田市で雨漏り点検①「雨漏り箇所の確認」

お客様がお住まいの大阪府池田市に到着しました。

ご挨拶させていただき、さっそく雨漏り点検を開始します!

まずは、室内の雨漏り箇所へ案内していただきました。
雨漏り
上写真が、雨漏りするという2階の窓際サッシ上部です。左右の引き違い窓の右側になります。

道路側、2階部分の窓際サッシ上から雨漏りが発生するようです。

毎回、雨漏りが起こる箇所は同じということです。

どうやらピンポイントで雨水浸入していると考えられます。

雨漏りは本当にストレスです。

原因を突き止め、最適な雨漏り修理をさせていただきます!

雨漏り
上写真は、窓際サッシ下部の左右の引き違い窓右側です。

現場調査では実際に雨漏りに繋がりそうな箇所を絞り、散水試験を実施します。

そこで、「雨漏りを再現」できれば原因特定となります。

この日は晴天でしたので、もちろん雨漏りはしていませんでした。

雨漏り時の状況(どの場所から・どのくらいの頻度・どんな雨の時・いつ頃から‥など)を教えていただきます。

どれも住んでいる方にしか分からない情報です。

その後、実際に屋根に上がり、雨漏り原因となる「雨水の浸入口」を探っていきます。


池田市で雨漏り点検②「屋根を調査」

雨漏り
ハシゴを架ける位置にご了承頂き、いざ大屋根へ。


雨漏り
ヘルメットを被り、安全確認をして7メートル先の屋根に上がります。


池田市で雨漏り点検③「屋上・笠木(かさぎ)の調査」

雨漏り
窓際の雨漏り箇所の直上はパラペットになっており、「笠木(かさぎ)」が取付られています。

今回、笠木はパラペットの天場(最長部)から釘打ちにより設置されていました。

上写真は、笠木が浮いて釘がまったく効いていない様子です。

釘頭の出はなく、釘を打つ際にコーキングで噛ましてから、さらにコーキング施工されているようです。

調査したところ、このコーキングが切れて笠木に打たれた釘穴が塞がっていない状態でした。

笠木は、笠木の下の貫板(ぬきいた)という下地の木材が張られています。

しかし、貫板も腐食しているのが確認できました。

笠木が完全にとまっておらず、木材が腐食していることから雨水の浸入が認められました。

さて、ここから散水試験をして実際に雨漏りするかどうかを検証していきます。

 関連ページ 


池田市で雨漏り点検④「散水試験」


雨漏り
地上からホースを2階に持って上がり散水試験の準備をします。


その他で雨漏りに繋がりそうな箇所は確認できませんでした。

そのため、「笠木が浮いている」「下地の貫板が腐食している」箇所が雨漏り原因となる「雨水の浸入口」の可能性が高いです。

散水試験で実際にこの箇所へ水をかけ、2階窓サッシから雨漏りするかどうかを確認します。

これで水が漏れば、「ここから雨水が浸入して雨漏りしている」と実証できます。

散水試験は有料になりますが、確実な修理工事のためにはご検討いただいても損のない内容です。

 関連ページ 

雨漏り
笠木が浮いて下地の貫板が腐食している箇所に水をかけてみます。

池田市で雨漏り点検⑤「調査結果」

今回、雨漏り点検から散水試験を実施しました。

しかし、雨漏りを再現することはできませんでした。

「雨漏りの再現」⇒「雨漏り修理」という理想的な工事にすることはできませんでしたが、雨漏りに繋がる可能性の高い箇所を修理させていただくことをご了承いただきました。


池田市で雨漏り修理をおこないます

池田市で雨漏り修理①「笠木のビス留め」

雨漏り
腐食した下地の貫板では全く釘が効いていないので、新しくビス留めして笠木板金を固定します。


池田市で雨漏り修理②「笠木ビス頭コーキング打ち」

雨漏り
笠木板金は基本的には天馬にビスや釘打ちします。

もちろん、笠木板金には穴が空くのでこのままでは釘穴から雨水が浸入してきまいます。

ここでビス頭にはコーキングを打ちます。

 関連ページ 

雨漏り
コーキングは徐々に時間が経てば固まります。

ビスや釘の劣化を防止させ、穴を塞ぐことができます。

雨漏り
今回の補修工事では笠木の留めたビスの頭にコーキングを打ちました。

雨漏り
笠木ビス頭補修工事完了です。

これで、今回の雨漏り修理は終わりです。


池田市で雨漏り修理③「完了」

長年、雨漏りに悩まされていたお客様。

今回の修理で雨漏りが止まる可能性は非常に高いです。

お客様には雨漏りに繋がる構造の説明を十分にさせて頂きました。

また、それ伴う修理工事にもご理解頂きました。

これで、雨漏りが止まる可能性が高いことにもご納得いただきました。

 関連ブログ 



池田市で雨漏り点検・雨漏り修理なら「街の屋根やさん大阪吹田店」

街の屋根やさん大阪吹田店店長宮崎徹
雨漏りをそのままにしておくと、建物内部の腐食が進み、お住まいの寿命を縮めてしまいます。

雨漏り被害を最小限に抑えるためには、「早目の対処」が必要です。

「天井やクロスに見覚えのないシミが広がっている‥」

「雨のたびにシミが現れては消える‥」

もし、このような症状が大切なお住まいので起こっている場合、雨漏りの可能性があります。

街の屋根やさん大阪吹田店では、「相談」「雨漏り点検」「修理プランのご提案」「お見積り」まで無料でおこなっております。

池田市で雨漏りトラブルでお困りでしたら、「街の屋根やさん大阪吹田店」へお気軽にご相談ください。

宮崎徹が責任を持って対応させていただきます!

 関連動画 
「お問い合わせからご契約~工事完了までのステップについてご紹介!」はこちら

 関連ページ 


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦の割れ

吹田市で雨漏り修繕費用をお考え、お悩みの方にズバリ専門知識も交えご紹介させていただきます。

雨染み

吹田市雨漏り修理の事例をご紹介させていただきます。

漆喰詰め直し工事

生野区で漆喰の詰め直し工事が着工しました。漆喰詰め直し工事の作業工程をご紹介します。漆喰詰め直し工事は棟などの面戸部分に詰められているのですが、メンテナンスが必要で、詰め直しをすることが必要になってきま今回、漆喰を詰め直すことになったのも漆...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41