オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

漆喰劣化状態から詰め直しを明日着工。寝屋川市


texts
寝屋川市で明日、漆喰の詰め直し工事が着工します。

着工する前の既存の漆喰の状態をお見せします。

ここからどのように漆喰が詰められ変化していくのかまた

ご報告しますが、ここは築39年の建物です。

建物の躯体はしっかりしていますが、瓦の状態も

大きく劣化している訳ではないですが漆喰は劣化し、

剥がれてしまっている場所もありました。

漆喰の劣化や剥がれは雨水の浸入に繋がります。

雨水が浸入すれば必然的に雨漏りしてしまいます。

昔の建物は土葺き工法が使用され、土で瓦を留めています。

土葺きで雨の浸入が多い場所は棟です。

棟にはのし瓦があります。のし瓦の中には土があります。

のし瓦の下には面戸漆喰があり、この漆喰がなくなると土がむき出しになり

雨が入り込みやすくなります。特に吹き込みの雨では雨水の浸入する確率が高くなります。

棟は必ず真っ直ぐ通っておりますが、棟の頂点の冠瓦を見ると真っ直ぐ通っていない

ことがよく見られます。

雨水や風などで中の土が崩れると、棟は歪みます。歪むと隙間が生まれ雨が浸入します。

棟の中に雨水が浸入すると中から外へ力が加わり面戸漆喰を剥がすことになりこともあります。

棟は屋根でもかなり大切で葺き土や漆喰、冠瓦やのし瓦には目を配りメンテナンスしていくことが

必要です。
columns
IMG_8156
巴瓦まわりの漆喰の剥がれ
IMG_8137
鬼まわりの漆喰の劣化
columns
IMG_81491
IMG_8143
columns
IMG_81111
面戸漆喰の穴あき
IMG_8106
鬼まわりの漆喰の欠損
columns
IMG_81341

IMG_8129

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

箕面市 修理後の瓦屋根(棟)

※2020年9月25日 公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回は、弊社が大阪府箕面市で2017年におこなった屋根工事をご紹介します。屋根工事のきっかけは台風による屋根被害でした。2017年10月23日の台風21号で棟瓦に被害を受...........

雨漏りしている居室内

※2020年9月24日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市都島区にお住いの方から無料雨漏り点検のご依頼をいただきました。雨漏りの状況は、2階建の2階天井から雨水が浸みだしているということです。今回、お問い合わせを頂いたのは住...........

屋根葺き替え後の金属屋根

※2020年9月23日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で屋根リフォーム、屋根修理の業者をお探しでしたら、北摂地域密着型の「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。今回は、弊社が豊中市でおこなった屋根リフォームをご紹...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41