大阪市東淀川区。鬼瓦が落下。下屋根の地瓦を直撃して大きく破損してしまいました。


大阪市東淀川区で鬼瓦が落下して、下屋根の地瓦が割れてしまっているとお問合せを頂きました。
年間でも鬼瓦が落ちたという問合せは少なくありません。
台風などの強風により落下することもあれば、地震などの影響により落下することもあります。
鬼瓦の大きさは様々ですが、陶器瓦ということもあり決して軽くはありません。
落下すると大変危険で、万が一下に人でもいれば大きな事故に繋がりかねません。
鬼瓦がある理由は昔ながらの屋根の景観や家のお守りみたいなもので瓦屋根であれば当たり前のように
使用されてきました。
しかし、このようなことが起こる危険性のあり、鬼瓦の設置をやめる方もおられるくらいです。
鬼瓦がどのように固定されているかというと至ってシンプルで銅線のみです。
銅線を棟の中で固定して鬼瓦と結び付けているのです。
銅線が切れると鬼瓦は外れてしまいます。
鬼瓦落下
ここに鬼瓦がありました。
銅線は切れてここから鬼瓦が落下してしまいました。
鬼瓦落下
写真の棟の中に少し見えづらいですが、銅線が見えます。
銅線が切れたあとがあり、錆びた状態でした。
築年数が経つと経年劣化により銅線が錆びて鬼瓦の重さを支え切れなくなり落下してしまうのです。
鬼瓦落下
落下した鬼瓦はその下の屋根下屋根に直撃してしまいまた。
高さでいうと2階屋根から1階屋根なので3mほど落下してこの破壊力です。
万が一、下屋根がなく真下が道路や庭、玄関などの地面などの人が居そうな場所で考えた場合、約6~7m程の落下になりその危険性はかんがえただけでゾッとします。
鬼瓦落下
屋根の瓦が割れるということは、雨漏りに繋がる可能性がでてきます。微量の雨では多少、瓦の下の土や下葺き材で雨水の浸入の防いでくれますが、大雨が降った場合ほぼ雨漏りに繋がることでしょう。
しかし、今日現場調査して今日に工事という訳にはいきません。しかしこのまま帰っては数日間に雨でも降られれば雨漏りしちゃいます。
鬼瓦落下
工事までの間に各所を養生させて頂きました。
鬼瓦落下
ビニールシートは張り、雨水の浸入を防ぎます。
しかし、これは簡易的な養生であり、すぐにボロボロになってしまうでしょう。ですので工事を急ぐ必要があります。
鬼瓦の復旧工事、地瓦の差替え工事で工事をさせて頂きます。

この工事の現場ブログ

鬼瓦落下

2019/07/09/ 大阪市東淀川区。鬼瓦が落下。下屋根の地瓦を直撃して大きく破損してしまいました。

大阪市東淀川区で鬼瓦が落下して、下屋根の地瓦が割れてしまっているとお問合せを頂きました。年間でも鬼瓦が落ちたという問合せは少なくありません。台風などの強風により落下することもあれば、地震などの影響により落下することもあります。鬼瓦の大きさは...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

東淀川区屋上防水工事!機械的固定工法

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

東淀川区の強風で飛び散った棟瓦を『棟積み替え工事』で修理します。

崩れ始めている熨斗瓦
強化棟(防災棟)の施工完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟(下地なんばん)
築年数
築30年
建坪
約9m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約35万円
施工事例

東淀川区|雨漏りの発生。屋上の塩ビシート防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ2.0(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

はしご

本日は三島郡島本町より昨年の台風24号でめくれ上がった板金屋根の補修を週末に接近している台風19号までに直してほしいとのご依頼でした。雨が多少振っていましたが屋根に上り調査させて頂きました。

瓦棒屋根補修

吹田市にお住いの方の瓦棒屋根の復旧工事をご紹介します。瓦棒屋根とは昔からある屋根の葺き方の工法でコの字に加工した鉄板を屋根に張り、コの字とコの字との鉄板の間に心木を打ち付け屋根材を留めるという工法です。今回、屋根の復旧工事をすることになった...........

雨染み

本日は真夏ばりの猛暑の中日蔭ゼロの中3時間にわたり屋上の笠木板金のジョイントコーキングをさせて頂きました。果たして雨漏りは止まるのでしょうか!

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41