茨木市より外壁クラックからの雨漏り


本日は茨木市より外壁雨漏り調査の模様をご紹介させて頂きます。

雨漏りの原因はすぐにわかりました。

昨年の北部地震の爪痕が思わぬ場所に隠れていたのです。
雨染み
雨漏り箇所に案内して頂きました。 巾木の上の壁紙がふやけていました。 建物は3階建てですし以前に屋上は塩ビ防水をさせて頂いていますので外壁からの雨水の浸入が疑わしいですね!
外壁クラック
雨染みの真裏の外壁を目視したところ ALCのジョイント横に3ミリほどのクラック(ひび割れ) を発見できました。 昨年の地震の影響だと思います。
外壁クラック
鉄骨の外階段下にも大きなひび割れが・・・ かなりの被害です。
外壁クラック
ところどころに剥落やひび割れが発見できました。
外壁クラック
全体図ですが建物内や共用廊下からは死角になる箇所で発見が難しかったようです。
外壁クラック
丁度コーナー部分が両面ひび割れています。 雨水が浸入するには十分の被害です!
ゲリラ豪雨が無ければ気付かなかったかもしれませんが、ある意味不幸中の幸いかもしれませんね!

工事の提案としましては
部分足場を組ませて頂き
クラック箇所はサンダーでVカットを施しコーキング処理をし、剥落箇所はALCモルタルで補修し部分外壁塗装となります。

上記の工事内容で雨漏りは止まると思いますが、そろそろ建物全体のサッシ廻り、外壁の目地のコーキングの打ち直し、外壁塗装をする時期に来ている旨はお伝えさせて頂きました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-5

台風被害に便乗した詐欺にご注意を

雨染み箇所

本日は西成区の雨漏り調査にお邪魔しました。千葉県の屋根被害も尋常ではありませんが、大阪も昨年の台風被害がまだたくさん残っています。我々屋根屋としましては心苦しいばかりですが1日でも早く復興できるよう頑張ります!!本題に入りますが修理したのに...........

雨漏れ大屋根

2019年9月に千葉県を襲った台風15号。甚大な被害が連日報道されています。多くの屋根が飛散し、ブルーシート養生を行っている様子がマスコミで連日報道されています。あれだけの被害ですから、当然屋根業者の手配も追い付かず、ブルーシートでの養生を...........