SKフレックスロール|エスケー化研株式会社|仕上塗材

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

SKフレックスロール
防火性可とう形外装合成樹脂エマルション系薄薄付け仕上げ塗材
SKフレックスロール

エスケー化研株式会社


火災に強い防火や耐火性能が高い家や、意識される方も近年では増えてきています。
防火基準が地域で決まっている所などもありますよね。
そのような場合には複合型化粧用仕上材塗りが使用されているのですが、
複合型化粧用仕上材の場合には全部で5工程と工程が多いため、
機能性面や工期の短縮、防水性を高めた防水材料の開発が求められていました。

SKフレックスロールは防火認定を持つ可とう形塗材で、
それらの要求に対応するために作られた仕上塗材です!!
防火認定を必要とする部位などで使用することができます。


防火材料の認定を取得しながらも、様々なすぐれた機能があります。

特殊設計により、かびや藻などの発生も長期にわたり守り、
紫外線のエネルギーよりも高い結合エネルギーがあるシロキサン結合をもつ
アクリルシリコン樹脂塗膜なので、高耐候性や高耐久性があり、
建物を長期にわたって保護してくれます。

熱や水などによる劣化にも強い為、耐久性があります。
またアクリルシリコン樹脂塗膜は下地のひび割れなどにも追従性があり、防水性を高めてくれます。

水性な為、作業中などの溶剤中毒の心配や火災などの心配もなく、
シックハウス対策物質を一切含まないため、集合住宅などでも安心してご使用いただけます。

複合型化粧用仕上材が5工程必要なのに対し、SKフレックスロールは
下塗り1回、主材塗り2回と3工程で仕上げれる為、工期が短縮できます。

SKフレックスロール

仕上げは「ゆず肌状ローラー仕上げ」や「SPタイル仕上げ」になります。


●一般名称
 防火性可とう形外装合成樹脂エマルション系薄付け仕上塗材

●放火材料認定
 不燃材料:NM-8572
 準不燃材料:QM-9812
 難燃材料:RM-9361

●ホルムアルデヒド放散等級
 F☆☆☆☆

●主要構成成分
 アクリルシリコン系樹脂

●用途
 集合住宅の共用部等防火認定を必要とする部位
 準外部・外部で高耐候性、防火認定を必要とする部位

●適用下地
 コンクリート、セメントモルタル、PC部材、スレート板、GRC板、押出成形セメント板、各種旧塗膜など

●荷姿
 16kg石油缶

●所要量
 0.8~1.0kg/m2 (標準塗坪:16~20m2/缶)

●艶の状況
 艶消し

●希釈
 清水

●塗装方法
 ローラー