免振工法|田島ルーフィング株式会社|防水工事

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

免振工法

viewtop_1_011

風による振動を免れることから「免振」と表現していますが、
「免振工法」とは具体的にどのようなことを言うのでしょうか。

まず、免振工法に使用するのが、免振ディスクという材料です。
【免振ディスクの説明はこちら】

ac50bd71826a3d94743764a1cee21571

建物に風が吹き付けると、屋根面には風圧(負圧)が発生します。
負圧の力は屋根面の場所によって異なります。
この負圧差によって固定部には上方向の力(鉛直力)と、横方向の力(水平力)がかかります。

塩ビシート防水機械的固定工法を劣化させる原因は、風・水・熱・紫外線など様々なものがありますが、
風による影響は大きく、強い風により、防水シートが膨れ上がったり、バタつくなどの現象が起きるため
この衝撃により、アンカーと防水シートが疲労していきます。
その衝撃から防水層を守り、風の振動を免振ディスクで和らげることで、耐久性を高めたのが免振工法です。