屋根お役立ち情報

oyakudachi1-jup-columns1

年中日ざらし雨ざらしの屋根にはダメージが蓄積!

 屋根のメンテナンスやリフォームというと、老朽化が進んだ家と決め付けてしまう方も多いようですが、実は違います。昔に較べて住宅の建材の性能は飛躍的に伸びました。そのことで、安心している方も多いでしょう。
 では、昔に較べて天候の方はどうでしょうか。季節を問わず発生する爆弾低気圧、毎年恒例となった記録的な夏の酷暑、地球温暖化の影響からか年々大型化する台風、ゲリラ豪雨に竜巻、冬の積雪…
  街の屋根やさん
oyakudachi2-jup-columns2
 近年より過酷になっていること間違いありません。年中日ざらし・雨ざらしの屋根にはダメージが蓄積され続けているのです。

 さらには屋根や家屋にダメージを与えるものとして地震があります。東日本大震災からの復興はまだ途中です。

点検とメンテナンスで屋根のダメージを回復し、寿命を延ばす

 屋根リフォームやメンテナンスはダメージを蓄積し続けている屋根に対し、雨漏りの防止の他、暴風や地震時に備えて屋根材が飛散や落下しないように予防を目的として行われます。補修や塗装を行うことによってダメージを回復し、寿命を延ばすことができるのです。

  これまで点検を受けたことのない方、何となく不安だったけど先延ばしにしてきた方、街の屋根やさんの無料点検を受けてみてはいかがでしょうか。街の屋根やさん
oyakudachi4-jup-columns2
 私たちは年間600~700件のお住まいを点検していますが、本当に工事が必要とされ、実際に工事を引き受けるのは200件程になります。
 梅雨や台風シーズン前に点検を受けておけば、長雨の時も、暴風の時もすっきりお過ごしいただけると思います。

新築から10年が一つの目安

メンテナンスの時期を知っておきましょう!

 屋根の葺き替えカバー工法などの大規模リフォームは極度の劣化や老朽化、雨漏りがなければ必要ありません。ただし、定期的なメンテナンスを忘れてはなりません。
  スレート(コロニアル・カラーベスト)、瓦、金属、様々な素材がありますが、新築から10年を一つの目安として考えましょう。もちろん、10年経過する前に点検を行い、メンテナンスをしておけば、大規模リフォームを行わなくてはならないリスクを軽減することができます。

街の屋根やさん
oyakudachi6-jup-columns2
 屋根とお住まいが受けるダメージは立地と環境によって大きく左右されます。
 早め早めの点検とメンテナンスが屋根の寿命を延ばし、トータルでのコストを下げるのです。

定期点検で気をつけたいポイント

oyakudachi8-jup-columns1
oyakudachi9-jup-columns2
oyakudachi10-jup-columns2
 板金を固定している力が弱まっています。中の貫板に異常がないようなら、釘やビスの打ち増しをすると良いでしょう。
oyakudachi11-jup-columns2
oyakudachi12-jup-columns2
 強風で煽られると屋根材との隙間ができてしまいます。
 隙間があればあるほど、風の影響も受けますし、雨水も浸入してきます。
 隙間が小さく、中の貫板に異常がなければ、釘やビスの打ち増しで元に戻すこともできますが、棟板金を交換した方が良いケースもあります。
oyakudachi13-jup-columns2
oyakudachi14-jup-columns2
 強風時の飛来物などによって屋根材に割れや欠けが生じることがあります。軽微なものならば、補修可能です。
oyakudachi15-jup-columns1
oyakudachi16-jup-columns2
oyakudachi17-jup-columns2
 瓦と瓦の間に詰まっている漆喰が崩れてしまうと瓦の固定力が弱まります。 瓦はメンテナンスフリーと言われていますが、この部分だけはお手入れが必要です。漆喰の詰め増しや棟瓦の取り直しが必要になります。
oyakudachi18-jup-columns2
oyakudachi19-jup-columns2
 瓦をまとめている銅線が緩むと、瓦がずれてしまう恐れがあります。
 揺れや強風時に引っ掛かったビニール袋が原因でゆるむことがあるようです。
oyakudachi20-jup-columns2
oyakudachi21-jup-columns2
 強風や揺れでずれてしまうことがあります。ずれると、そこから雨水が浸入してくる恐れがあります。正常な位置へ戻しましょう。
oyakudachi22-jup-columns2
oyakudachi23-jup-columns2
 瓦の弱点は割れやすいところです。強風時の飛来物で割れてしまう場合があります。部分的な交換が必要です。
oyakudachi24-jup-columns1
oyakudachi25-jup-columns2
oyakudachi26-jup-columns2
 表面の色褪せは劣化している証拠です。放置するとサビにつながり、屋根全体を侵食していきます。
oyakudachi27-jup-columns2
oyakudachi28-jup-columns2
 飛来物などで表面が傷つきますと、そこからサビがはじまります。最近はサビに強い金属屋根材も発売されていますが、それでも弱点には変わりありません。

屋根工事と屋根リフォームのお得情報

oyakudachi29-jup-columns1
oyakudachi30-jup-simple
 屋根は高所作業となるため、多くの工事で足場が必要となります。
 「雨樋の掃除や交換」、「軒天や破風の塗装」、「外壁塗装」など他の足場が必要となる工事を一緒に行いますと、足場の架設費用が1回分となりますので、お得になります。
oyakudachi31-jup-columns1
oyakudachi32-jup-simple
 火災保険は火災による損害だけを補償するものではありません。「台風による棟板金の飛散」、「大雪による雨樋の破損」などにも対応しています。
 保証の適用は契約内容や損害額によっても変わってきますので、改めて加入している保証内容を確認しておくことが大切です。
oyakudachi33-jup-columns1
詳しくは各自治体にお問い合わせください。
oyakudachi34-jup-columns1