pixta_5900155_M
住まいの形は家族に合わせて変化していきます。老朽化したり家族構成が変わったり気分転換したくなったり。今暮らしている生活リズムのままにお家をリフォームする「住みながらリフォーム」というスタイルをご紹介します。
白い玄関ドアが二つ内開きドアか外開きドアか
玄関の扉を引っ張って開けるか押して開けるか。扉の内開き外開きと言いますが、シーンに合わせて使いやすさや効率など考えて設計されています。住宅環境に合わせた玄関ドアの内開き外開き。それぞれのメリットデメリットを見ていきたいと思います!
ツタイメージ
海外の建築物によく見られる「ツタ」。ツタの絡まる家は趣もありいいものです。しかしメリットもあればデメリットもやはり沢山あるものです。今回は外壁や屋根を覆うツタによる被害や対策、建物のメンテナンスの仕方などについて一緒に見ていきましょう。
pixta_15291781_M
今回は建築資材であるガルバリウム鋼板を使用した施工例を見ていきたいと思います。外壁や屋根などあらゆる用途に使われるガルバリウム鋼板ですが、実際に建築に使われるとどのようなイメージの外観になるのでしょうか。実際の建物をご覧ください。
淡路島イメージ
本日は屋根資材「瓦」を使った音楽プロジェクトの話です。瓦は日本の屋根資材ですが、建築材である瓦を楽器として使用し奏で、活動されている淡路島のアートプロジェクトユニットの野村誠さん・やぶくみこさん。お二人による「瓦の音楽」をご紹介します。
e3952c72a33959df9b62164b3a50b239
住まいに関することわざや言い伝えから、本日は「うなぎの寝床」をご紹介します。狭小地に建築物を建てる際や、間口の狭い土地を活かす際の知恵がいっぱい詰まった江戸時代の町屋造り。町屋造りはうなぎの寝床と言われました。その構造を見ていきます。
pixta_12028336_M
日本の住宅事情は海外のものとは大きく違います。かつては木造建築が多く地震国の日本では住宅は中古になれば価値が下がるとされていました。そういった中で新築信仰が強くなるのは当然。今回は現在の日本での中古住宅市場の様子を見ていきます。
ea713e7b01312a04b198f2669d36f191
住まいや建物に関することわざをピックアップしていきます。生活に密接につながり深く関わる「住まい」「住宅」「建物」から生まれたことわざや慣用句は多数あります。本日は「壁に耳あり障子に目あり」。ことわざの意味から、更に広く見ていきましょう。
pixta_5966937_M
日本の代表的な屋根材である瓦専門の美術館というものがあるのをご存知ですか?「高浜市やきものの里 かわら美術館」という三州瓦の生産地である愛知県高浜市にある瓦に特化した美術館です。ワークショップやイベントも多数開催されているようです。
pixta_11013067_M
新築、リフォームの際にお客様が考える要素の一つに「色彩」「カラーリング」がございます。色彩が住居に与える影響は大きく、視覚的効果も絶大。暖色寒色、進出色・後退色、彩度などの面から色が与える心理的な効果、デザイン的な効果を見ていきます。
鬼瓦イメージ
日本家屋の瓦屋根に見られる「鬼瓦」をご存知でしょうか。厄除け・魔除けを目的として設置、装飾された鬼瓦。これを題材にした狂言の演目が「鬼瓦」です。そのあらすじやユーモア溢れる演出、そして鬼瓦の種類やルーツも合わせてみていきましょう。
スレート屋根
金属屋根は人気の屋根材のひとつです。アルミニウムや亜鉛合金メッキでできた屋根のことを指し、スタンダードはガルバリウム鋼板ですが、いずれも軽量なので地震対策に向いており、経年劣化にも強く耐久性も抜群。低価格で抑えられる魅力の屋根材です。
pixta_19825536_M
現在最も普及していると言われる屋根材の「スレート屋根」。スレート屋根の特徴や、メリット・デメリットの点をご覧ください。新築や屋根補修の際に耐震面・デザイン面からの利点弱点などを考慮し提案。お客様が納得できるお手伝いをさせて頂きます。
スレート屋根
本日は屋根材のひとつであるスレート屋根(正式名称は「住宅屋根用化粧スレート」)をご紹介します。スレート屋根は現在最も普及している屋根材で、モダンでデザイン性の高い施工が可能です。種類も豊富で比較的安価なのも魅力の屋根材です。
pixta_17452047_M
屋根材のひとつである「瓦」の特徴とメリット・デメリットと、その対処法などを調べてみました。耐震面などで心配だったり、コストやメンテナンスの方向から「瓦」の特徴を見てみたいと思います。ぜひ新築・建て替えの際の参考になさって下さい。
pixta_2901456_M1
デザインや素材など屋根材には豊富な種類がございます。家屋を守り、全体のイメージにも大きく影響する屋根材のうちのひとつ「瓦」。今回はその瓦の種類などをご紹介させて頂きます。新築やリフォームの際の参考資料としてご覧ください。
pixta_1372351_M1
「瓦」「スレート屋根」「金属屋根」。屋根材には豊富な種類やデザインがございます。家屋を守り、全体のイメージにも大きく影響する屋根材の特徴や種類など豊富に掲載しております。新築やリフォームの際の参考資料としてご覧ください。
USER22522
ビュートップとは田島ルーフィング株式会社による塩化ビニル樹脂系シート防水です。工法は接着工法や機械的固定工法があります。耐久性や防水性も優れ、人気のある防水工法です。
IMG_9288
塗料用シンナーはなぜ塗装の際にいれるのかというと、塗料を薄めて塗りやすくします。また塗料の蒸発を抑制し、塗装の表面がキレイな仕上がりになります。
ガルテクト
アイジー工業のスーパーガルテクトをご紹介します。スーパーガルテクトや屋根の葺き替えはもちろん、カバー工法にも優れています。 耐久性もあり重量は屋根材では軽量で建物負担を軽減させます。
シーラー処理
塗装における、下塗りのことをあらわあしている、シーラーとフィラーとプライマー。それぞれにどんな違いがあるのかをご紹介します。塗装の工程では「下塗り→中塗り→上塗り」の3段階が基本です。
雨漏り
6月と言えば雨の多い梅雨の時期ですよね。雨漏りしてくる前に、原因となる要素がないか今のうちにチェックしておきましょう。雨漏りして、他の場所を傷めてしまうと、更に補修費用がかかってしまいます。雨漏りのチェックポイントをご紹介。
ルーフィング(防水シート)
屋根は、コンパネ(野地板)という木の板の上に、ルーフィングという防水シートを敷くことで雨水の侵入を防いでいます。アスファルトルーフィングと改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィング)の防水シートの特徴や劣化の原因をご紹介します。
高圧洗浄
屋根塗装や外壁塗装をする目的は「美観」と「保護」であり、汚れにくい塗料を選ぶということは重要です。また汚れを放っておくと美観がなくなるどころか、汚れが蓄積されてしまい劣化の原因ともなります。汚れの種類と汚れた場合どのように対処するかをご紹介します。