庇屋根が傾いています。これって施工法?経年劣化によるもの?吹田市寿町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

下屋の庇が傾く
玄関の庇屋根が傾いています。
吹田市で築40年くらいの家なのですが、玄関の庇が傾いています。

経年による劣化で下地が反って傾いたのか、施工上のミスなのか、あえて雨水が手前に落ちないように、
勾配を左右にし横に流れるようにしているのか、いずれにしろかなり気になります。

大工さんに確認したところあえて勾配つけたんじゃないと苦笑い。施工としては???らしいですが、
現状、最近の家ではこのような施工はしないそうです。
間違いなくクレームになりそうです。理由があっても玄関だけにお客様が納得する訳がないですね。

施主様側になれば一目瞭然。勉強ブログでは残念ながら、答えはハッキリ見えてないのですが、

私個人の感想としましては、やはり玄関の入り口である庇が斜めではあまり気持ち良くないです。

施工不良であれば一網打尽。許せないです。昔の家とは大工さんによって建て方は違うなど、耳にしたことはあります。
造り手は大工さんなので、わからないことはもっとたくさんの大工さんに聞いてみます。
個人的に追跡調査させていただきます。