ビュートップとは塩化ビニル樹脂系シート防水。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ビュートップって何ですか?

USER22522-columns1
ビュートップはガラス繊維をしん材とした塩化ビニル樹脂系シート防水材です。

耐候性や強度、寸法安定性などに優れ、厳しい屋上環境の下で長期にわたって建物を守り続けます。

カラフルなカラーバリエーションを取り揃えて高日射反射機能を持つタイプなどのあります。
熱や溶剤で溶ける塩ビ樹脂の特徴を活かした防水システム。
ジョイント部分のシートは熱や溶剤で融着し接合することで一体化し
高い水密性を確保します。
塩ビ樹脂で構成されているビュートップシートには自己消炎性があります。
火種を近づけると着火しますが、取り除くと燃え広がらずに火が消えます。

露出防水ではカラスなどの鳥などの嘴でつつかれたり、
引き裂かれたりする事例がありますが、
ビュートップ防水では鳥害による漏水事例は確認されていません。
ビュートップには水蒸気透過性があります。
湿気は徐々にシートを透過していきます。
施工方法は大きく分けてシート全面に接着材を塗布して下地に貼り付ける「接着工法」と
ビス・ディスクなどを用いて部分的にシートを固定させる「機械的固定工法」の2種類があります。
シートと下地の双方に接着材を全面塗布して貼り付けます。
シート同士の接合部は加熱または溶剤によって溶着します。
断熱工法では下地に接着材を塗布し断熱材を張り付け後、
シートと断熱材双方に接着材を塗布し、貼り付けます。

特徴
・耐風圧性に優れている
・下地によっては接着が難しい場合がある。
ビスとディスクを用いてシートを部分的に下地に固定します。

シート同士及びディスクとシートの接合部は加熱
または溶剤によって溶着します。
断熱工法では断熱材をビスとディスクで固定した後、
ディスクにシートを固定します。

特徴
・改修の場合、既存防水層の状況などの影響を受けにくい。
・下地の状況によってはビス固定力が確保できない場合があります。
・部分固定のため、風によってシートがあおられ飛散する懸念が生じる。