漆喰が割れて剥がれてきています。雨漏りの原因にもなります。吹田市長野町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

20150722_170125-columns1
吹田市で漆喰の剥がれてきています。
吹田市で漆喰が剥がれてきていると依頼を受け調査に行きました。

確かに少し触ると脆くも剥がれてしまう状態でした。


漆喰とは瓦と瓦を繋ぐ接着材のようなものですので、
漆喰が剥がれていくともちろん瓦が留まっていない状態ですので、
瓦がずれてきたすれば、風や振動などで瓦が落下してしまう恐れもあります。


また雨が剥がれた所から入ってしまい雨漏りすることもあります。


工事は棟瓦をすべてやり直す、漆喰取り直し工事と、既存のままで漆喰だけを取り除き、
新しく漆喰を詰める、詰め直し工事があります。


詰め直し工事は既存の漆喰を葺き土のところまで綺麗に取り除きます。

綺麗に取り除くことにより新しい漆喰がしっかり密着します。

取り直し工事の方が確実な工事内容になりますが、もちろん費用はその分高くなります。
漆喰は先々にも注意してメンテナンスがマメに必要になってきます。


いずれにしても、早急に補修工事をすることをお勧めしました。