新築現場で屋根工事です。軒瓦と広小舞の隙間に土を盛るのはなぜ?吹田市元町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

雀口
すずめ口を土で盛り、隙間がなくなるようにしています。
吹田市で新築の現場ですが、瓦屋根の施工中です。
防水紙の上に縦桟と横桟を組み合わせて瓦を引っ掛けていきます。

これで瓦がしっかりはまります。間に土が盛ってありますが、ここの場所を雀口といいます。

雀口とは瓦葺き軒瓦と広小舞の間にできる隙間で雀が巣を作ることがあります。
雀がこの隙間から浸入して巣を作ってしまうと、フンや鳥の毛、死骸などの被害があります。

雨樋をつまらせる原因にもなり、衛生的にも良くないです。
防水紙のやぶれや木部の破損にもなりかねません。

この隙間をなくす為に、雀口板金や漆喰で塞ぎます。
屋根には雨漏りなどの被害がよくありますが。

雨漏りしないための施工だけではなく、
小鳥やコウモリなどの被害を防ぐことまでしっかりと考えられています。

家の美観や耐久性など何十年経っても、気持ちよく住み続けていただく為です。