外壁にクラックが・・・。塗装するならどんな塗料が・・・。吹田市金田町


外壁のクラック
外壁にクラックがあります。塗装するなら・・・
外壁がクラックがあります。竪樋に方面にどんどん深く、大きくなっています。
このままでは大きく、深くなるばかりですし、雨漏りや躯体にも影響してきます。
できるだけ早くクラックの補修工事が必要です。


塗料の種類は・・・アクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂、無機塗料、光触媒など


「アクリル樹脂」・・・耐候年数 約3年~5年

{メリット}・・・種類が多く塗料の種類の中では安価です。ウレタン樹脂などに比べると、耐候年数は劣りますが、
短い期間での塗り替えなどには適してます。

{デメリット}・・・汚れやすい。外壁の保護する塗料には向かない。



「ウレタン樹脂」・・・耐候年数 約5年~7年

{メリット}・・・少し前まで、外壁の塗替え用として最も普及していました。防汚性、施工面でも優れています。
止水やひび割れの防止の注入剤としても機能し、外壁を守る為の優れた塗料です。

{デメリット}・・・耐久性では劣り、長期の建物の美観維持には不向きです。



「シリコン樹脂」・・・耐候年数 約7年~10年

{メリット}・・・住宅塗装で現在、もっとも多く使用されていて人気です。安価な塗料に比べると耐久性も優れています。
カラーバリエーションも豊富です。

{デメリット}・・・次の塗り替えの時期までの十分な耐久性がなく、建物を守り続けるのに不十分な所はあります。




「フッ素樹脂」・・・耐候年数 約10年~15年

{メリット}・・・一般的な塗料では最高グレード塗料です。塗膜の寿命が長いのが特徴です。ツヤ消しが可能なため、高級感のある落ち着いた意匠を行えます。塗膜表面を親水性にすることで雨筋などによる汚れを防止し、外観の美しさを保つことも特徴です。

{デメリット}・・・コストが高く、塗膜も硬いものが多く、ひび割れしやすいのが注意です。




「無機塗料」・・・耐候年数 約10年~15年

{メリット}・・・無機であるガラスを塗料に混ぜ込み、超耐久性塗料です。屋根などの劣化が多い部分によく使用されます。

{デメリット}・・・コストが高く、塗膜も硬いものが多く、ひび割れしやすいのが注意です。




「光触媒」・・・耐候年数 約10年~15年

{メリット}・・・外壁に塗ると、太陽の光や雨などで汚れを落としてくれます。太陽のエネルギーにだけで汚染物質を分解して空気をキレイにしてくれます。

{デメリット}・・・コストが高い、日当たりが悪いと効果が薄れます。塗膜が硬くモルタルには合わないです。