経年劣化による木質系の破風板。破風板って??吹田市南吹田

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

破風板の劣化
経年劣化による破風板
吹田市で山田西で破風板の剥がれです。
破風板の剥がれはよく見ます。

破風板の役割

①台風などの強風、大雨、又は火災の炎を防ぎます。

②垂木とともに重たい屋根を支えてくれています。



破風板の場所

①切妻屋根の山形になっている部分に取り付けている板のところ

②屋根まわりの外装、装飾部材として使用されています。

③建物の軒先に使用する場合は鼻隠しといいます。



破風板の種類

①金属系、窯業系、木質系
昔の家の破風板、鼻隠し板はほぼ木質系です。

耐久性

①20年~30年くらいかなと思います。しかしメンテナンスは必要です。

メンテナンス

①塗装 5年~10年で考えてください。(耐候年数は塗料の種類によって異なります)

②最近ではガルバリウム鋼板で、板金巻き工事が多くなってきています。
 (破風板や鼻隠し板の上から板金で巻いていきます。)

破風板や鼻隠し板などの劣化は見落としやすい所ではありますが、家が古くなったてきて
一度も点検されたことがない方は、ある程度、目視でも確認できるところは見てください。